1月11日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

1月11日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

日本のガウディ 今井兼次が影響を受けた左官職人の言葉

1895年1月11日~1987年5月20日 職業:建築家
出身:日本(東京都)

代表作:

  • 早稲田大学会津八一記念博物館
  • 長崎県 日本二十六聖人殉教記念館
  • 東洋女子短期大学フェニックス・モザイク
  • 神奈川県 聖母訪問会修院・聖堂
  • 皇居内 桃華楽堂
  • 佐賀県 佐賀大隈記念館

早稲田大学理工学部建築学科に入学し、卒業後に助手、翌年、准教授に就任したというスピード出世を果たします。

20代後半で、早稲田の旧図書館(現・会津八一記念博物館)の設計の衣装を任された際に、現場で一人の左官職人との出会いの話をネットの記事で読みました。

開館予定日が近づいているにも関わらず、進んでいない部分がありました。ある左官さんが、とにかく丁寧な作業をしており、自分のペースを崩すことがなかったそうです。

ある朝、最後の1本の柱を作っているときに、左官さんは家族全員を現場に連れていらして、自分の仕事を見せようとしたそうです。そのときに言った言葉が下記です。

これが私の一世一代の仕事で、これ以上の仕事は出来ないだろうというつもりで預からせていただいた。急いで欲しいという気持ちはよく分かるけれど、私の仕事で手を抜くことは出来ない

引用:日経アーキテクチャー

この一件が、今井兼次に大きな影響を与えることになったそうです。

建築家の理論とか建築論とか、それはそれで大切だ。でもだからといって建築家が設計したという功名だけで、その作品は終わるのか、そんなことはないんだなというのを、嫌というほど知らされた。

人形アニメーション作家 川本喜八郎

1925年1月11日〜2010年8月23日 職業:人形作家
出身:日本(東京都)

小学生のときから人形作りを始め、大学では建築学科に進み、卒業後、東宝撮影所の美術部に入社します。

25歳 フリーの人形作家に転身し、劇作家と組んでグループを作り、人形絵本などを制作しました。

27歳 日本で初めての人形アニメーション制作に参加します。その後は、、人形を使ったテレビCMや広告制作に携わり、33歳のときにCM製作会社を設立します。

38歳 チェコに留学し、人形アニメの巨匠イジィ・トルンカ氏に師事します。その後は、ハンガリーやルーマニア、ブルガリア、ロシア、中央アジアに渡り歩き、その途中で、アニメーション作家のユーリ・ノルシュテイン、ロマン・カチャーノフとも出会い、親交を深めたそうです。

人形アニメーション制作を80代まで続けました。2010年に85歳で亡くなられましたが、死後も製作された人形とゲームがタイアップされたというニュースを見たので、展示だけに留めていないのが素晴らしいです。全国に美術館は沢山あり、集客に悩む運営者にとっても、何かヒントになるのではないかと思いました。

きっかけ:

チェコアニメーションの魅力を体感してみよう。

アップリンクで、チェコアニメの上映会があります。

関連するページ:

渋谷ヒカリエ8F 川本喜八郎人形ギャラリー
11時~19時  入場料無料

川本喜八郎オフィシャルウェブサイト
長野県飯田市 川本喜八郎人形美術館

『あしたのジョー』の作者 ちばてつや18年ぶりの新作

ちばてつやさんはどんな人?

1939年1月11日 職業:漫画家
出身:日本(東京都)

代表作:

  • 『あしたのジョー』
  • 『おれは鉄兵』
  • 『のたり松太郎』
  • 『あした天気になあれ』
  • 『ユカをよぶ海』

東京築地で生まれ、2歳のときに満州に渡ります。3~4歳くらいのときには、父親が印刷会社に勤めていたために暖房用に貰ってきた紙に絵を描いていたようです。

終戦後、日本に戻り墨田区に移り住みます。近所の道端に落ちていた豆本で見た漫画の表現力に衝撃を受け漫画を描きはじめます。あまりにものめり込みすぎて、家で漫画を読むことを禁止されてしまったため、友人宅で読んでいたようです。

小学生のとき、絵を描くのが好きなちばさんに同人誌を一緒に作ろうと声をかけてくれた友達がいたそうで、小学生のときには、漫画家として礎が築かれていたようです。

17歳 漫画家デビュー

16歳 新聞の広告で、貸本会社が漫画家を募集しているのを見つけて、応募します。
どのくらい描けるのか見るために、試しに描くように言われたため、28ページ完結の原稿を書き上げ持ち込むと、当時の大学初任給を超える原稿料をその場で手渡され、17歳で漫画家デビューを果たします。高校に通いながら、貸本の執筆を続けました。

少女漫画で雑誌デビュー

高校を卒業する前に、先輩の漫画家さんに誘われて訪れた講談社の編集部で、自身の原稿を見せて、執筆依頼を獲得します。それが少女漫画だったので、雑誌でのデビューは少女漫画でした。当時の少年漫画では、漫画家さんがほぼ決まっていたため、少女漫画の方がまだ手が足りていない状態だったようです。

少女漫画をきっかけにし、少年漫画の連載が決まり、次々とヒット作を生み出していきます。特に『あしたのジョー』は爆発的なヒット作になり、アニメ化もされ、社会現象にまでなったようです。2011年には、実写映画化されました。

ちばてつや先生

2005年から栃木県にある文星芸術大学の教授を務めていらっしゃるそうで、大学に通勤する電車の中で、車内の人をスケッチし人間描写を磨いていらっしゃるというエピソードがありました。

練馬区名誉区民でらっしゃるので、栃木県に通うのは、大変だ!

自分の彼女が勝手に描かれていると怒った彼氏に問いただされ、今の若者は私のことなんて分からないと名乗りもせず謝り続けたという話や、大学で学生のことを観察して、元気がない生徒については、他の先生に気にかけるよう指導するという配慮、心があたたまる話です。

参考:【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】第一話:ちばてつやの「こづゆ」

電車の中で絵を描いている人を見かけたら、「勝手に描かれた!」と怒るよりも、見せてもらったり、写真を撮らせてもらいたい派です。絵を描ける人を神と崇めているため、薄い反応が出来ず、感激してしまうと思いますが、絵描きさんはシャイな方が多そうなので、描いていることを知られたくないかもしれません。なので、黙ってモデルを務めさせていただこうと思います。皆さまは、勝手に絵を描かれるのはお嫌やですか?

18年ぶりの新作『ひねもすのたり日記』半生の記録漫画が2018年1月30日に発売される予定です。

1月11日ちばてつや

きっかけ:

幼少の頃または今、はまったコミックは何ですか?

関連するページ:ちばてつや公式サイト

1月11日 今日は何の日?365日のきっかけ

鏡開き

お正月に供えた鏡餅を割り、雑煮や汁粉、揚げてかき餅にして食べ、無病息災、一家の円満を願う行事です。地域によって異なり、京都では4日に、20日に行う地域もあるようです。

割らないと食べられませんが、包丁で切るのではなく、木槌で砕くのが一般的です。理由は刃物が切腹を連想するために、願いごとをするにはふさわしくないという昔の人の考えが定着しているためです。

あの形のおもちを何故、鏡モチと言うの?

諸説あります。丸いカタチが銅鏡に似ているから、三種の神器にも鏡がありますが、鏡は神聖なもので神様が宿ると言われており、その意味の言葉にあやかり鏡モチになった、円いものは円満を表したり、縁起が良いという説もあります。

塩の日

戦っている相手が苦しんでいるときに、その苦境を救う「敵に塩を送る」という言葉の語源となったエピソードがあります。戦国時代の武将、上杉謙信の助けにより武田信玄のもとに塩が届いたことに由来し、その日が旧暦の1569年1月11日だったため、1月11日が塩の日に制定されました。

贈り物のように敵を助ける美談のような話は、実際は、通常よりも高く売りつけられただけで、迷惑な話だったという話もあります。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、1月11日が誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!