2月3日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

2月3日ノーマン・ロックウェル 誕生日

2月3日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

語学堪能、絵も描ける、作曲家メンデルスゾーン

フェリックス・メンデルスゾーンはどんな人?

1809年2月3日~1847年11月4日 職業:作曲家・指揮者・ピアニスト・オルガニスト
出身:ドイツ

代表曲は結婚式の入場で使われる「結婚行進曲」で、ドイツロマン派に分類される作曲家です。

35歳のときに、ライプツィヒ音楽院(現在:フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学)を開校し、後進の音楽家の育成のための基盤を作ろうと奔走しました。

 

代表曲:

  • 『ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64 第1楽章』
  • 『歌集 Op.62-6 「春の歌」』
  • 『歌集 第9番 ホ長調 Op.30-3 「慰め」』
  • 『劇音楽 《真夏の夜の夢》 「結婚行進曲」 Op.61-9』
  • 『劇音楽《真夏の夜の夢》 序曲 Op.21』
  • 『交響曲第3番イ短調「スコットランド」』

 

 

同時代の19世紀前半は、ワーグナー、ブラームス、サン・サーンス、シューマン、シューベルトショパンリストが活躍しました。 

30代で亡くなった、モーツァルト(1月27日)、シューベルト(1月31日)と誕生日が近く、同じく30代で亡くなったのがメンデルスゾーンです。短命ではありますが、モーツァルトやシューベルトのように、お金に困るというようなことはありませんでした。

 

祖父は哲学者、父親は銀行家、母親は女性作曲家の先駆け、貴族ではないけれど、裕福な家庭に生まれたメンデルスゾーンは、幼少の頃から英才教育を受けており、6歳から本格的なピアノの教育を受け、語学(ドイツ語・ラテン語・イタリア語・フランス語・英語)文学、哲学、絵を描くなど、幅広く知識を吸収していたようです。描いた絵は、Wikipediaでも見られますが、上手い人が描く風景画だなと思いました。

音楽の指導を受けていた人の紹介によりゲーテと出会い、ゲーテの詩に曲をつけて発表しています。また、同時代に活躍した、ベルリオーズリストとは交友関係があったようです。

音楽監督に就任したり、指揮者として活躍したり、演奏旅行に行ったりと、精力的に活動していましたが、クモ膜下出血で亡くなったと考えられています。

神童と呼ばれていたようで、一度見たもの、一度聴いたものは完璧に記憶できたため、楽譜を紛失してしまっても、記憶だけで再現できてしまうという能力をもっていたというエピソードがあります。

 

きっかけ:

あなたの変わった特技は何ですか?