2月8日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

2月8日 ジュール・ヴェルヌ 今日は?

2月8日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

SFの父ジュール・ヴェルヌの晩年は市議会員

1828年2月8日~1905年3月24日 職業:小説家
出身:フランス

代表作:

  • 『地底旅行』
  • 『海底二万里』
  • 『月世界へ行く』
  • 『八十日間世界一周』
  • 『十五少年漂流記』

 

父親は弁護士、母親は代々船乗り家系でした。5人兄弟の長男に生まれたジュールは、父親の跡を継ぐために法律学校に進学します。そこで多くの芸術家たちと交流します。そのなかにはアレクサンドル・デゥマ親子もいました。

デュマ父の代表作は『モンテ・クリスト伯』『三銃士』、デュマ息子は『椿姫』
どちらも売れっ子作家だったので、彼らに影響され劇作家を目指すようになりました。

21歳のときに、デュマ父がプロデュースし、処女作である戯曲『折れた麦わら』を書き上げ、舞台が成功します。好評だったため、その後も戯曲や喜劇、オペラなど作品を書き上げますが、どれも上演はされなかったようです。

劇作家として生計をたてるのは難しいと次第に気づき始めます。

その頃、大好きな作家エドガー・アラン・ポーが、小説に科学の要素を入れていたことがきっかけになり、自然科学にも興味を持ち論文を読み始め、さらに興味をもつようになります。

 

友人で写真家のナダールが気球製作に没頭していたことに触発され、35歳のときに、処女冒険小説『気球に乗って5週間』を書き上げ出版されると、評判になり一躍、人気作家になります。その後は生涯にわって、冒険小説や科学要素が含まれる小説を手掛けます。

ジュール・ヴェルヌは作品の内容から予言者のように言われることが多いですが、挿絵を手掛けたエドゥアール・リウーは、文章を読んだだけで見たこともないものを視覚化できる能力もすごいです。

 

ヴェルヌが生まれ育ったナントは海辺に近く商業で賑わっていた街です。11歳の頃に水夫見習いとしてインド行きの船に乗り込み、父親に見つかって連れ戻されたというエピソードが残っているほど、少年の頃から海や航海に憧れおり、生涯に3隻の船を所有していたと言われています。

冒険・海・船乗り・小説は、定番な流れですが、意外なことに55歳のときに市会議員に当選し、亡くなる77歳まで在職でした。

作品の多くは映画化、ディズニーのアトラクションのテーマにもなっているので、身近な物語と言えると思います。

 

2月8日 ジュール・ヴェルヌ

 

きっかけ:

子どもの頃の将来の夢は何でしたか?