2月13日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

2月13日 佐藤さとる 今日は?

2月13日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

ジョン・ハンターの収集博物館

1728年2月13日~1793年10月16日 職業:解剖学者・外科医
出身:イギリス

2月12日生まれのチャールズ・ダーウィンが、22歳の頃に大学の恩師から紹介され、イギリス海軍の測量船に乗り、各地を巡り調査をし、1861年52歳のときに『種の起源』を発表しました。

ジョン・ハンターはそれよりも70年以上前のイギリスで、独自の方法で、動植物の起源に近づき、1万4000点以上の標本を収蔵した博物館をつくりました。

解剖学者で、実験学の父と称さることもありますが、標本の収集においては、非合法で手段を選ばないほどの執着ぶりから、ロバート・ルイス・スティーヴンソン著『ジギル博士とハイド氏』のモデルなのではないかと言われています。

 

コミック『解剖医ハンター』は、ジョン・ハンターをモデルに描かれています。

 

きっかけ:

集めているものはありますか?

 

江戸の娯楽プロデューサー 蔦屋重三郎

1750年2月13日~1797年5月31日 職業:版元
出身:日本(東京都)

江戸中期から後期(10代将軍 徳川家治の時代)に活躍した蔦谷重三郎は、吉原(遊郭)で生まれたため、吉原は自分の庭のようなもので、各店のことは知り尽くしていました。

吉原大門の近くに鱗形屋という書店(出版元)があり、そこは吉原のオススメ遊女マップ(吉原細見 よしわらさいけん)を独占販売していましたが、内容が古くいまいちでした。それを知っていた蔦谷重三郎は、新しい吉原細見を作り大ヒットさせます。

最初は吉原で商いをしていましたが、33歳の頃には、日本橋に店を構えているので、地位もお金もない0からのスタートして大出世した人です。

 

江戸の娯楽の名プロデューサー

活躍していた時代は、娯楽を優遇していた老中 田沼意次から娯楽規制派の松平定信に変わり、寛政の改革が始まると、自由に表現が出来た時期から、一変して規制されるようになります。
ですがそこはアイデア勝負で、違う見せ方で展開させていきます。

例えば、吉原細見も花魁を花で表現するとか、大首絵や美人画など、人気役者から茶屋の町娘まで、プロマイド(浮世絵)が販売されると、幕府から人物の名前を入れることが禁止されます。その対処の仕方は、文字を入れずに絵(判じ絵)で誰か分かるように示すなど、見る人が想像をかき立てるしかけです。

 

歌麿の才能発見、他に引き抜かれ、写楽を世にだす

面倒見がよく、山東京伝や喜多川歌麿、写楽、曲亭馬琴、十返舎一句など、浮世絵師や戯作者を世に送り出したことでも知られています。

写楽については、あまりよく分かっていません。山東京伝説もあるし、売れない歌舞伎役者という説や複数人の絵師がいて、写楽として発表していた説とか。

 

書店TSUTAYAは、蔦谷重三郎に由来します。創業者が、蔦谷重三郎の子孫というわけではありません。

 

きっかけ:

集めているものを編集して、誰かにその魅力を伝えてみませんか?