2月19日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

2月19日 村上龍 今日は?

2月19日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

コペルニクス的転回でも問題がなかった

コペルニクスが天動説(地球中心説)から地動説(太陽中心説)にガラリと変えたことを揶揄した言葉で「コペルニクス的転回」というものがあります。物ごとの見方が180度変わることを指します。コペルニクスも自分の名前がついた言葉が出来るとは想像もしていなかったでしょうね。

 

ニコラウス・コペルニクスはどんな人?

1473年2月19日~1543年5月24日 職業:天文学者・カトリック司祭
出身:ポーランド

父親は商売人で裕福な家にコペルニクスは生まれますが、母親は幼少の頃に、父親は10歳の頃に亡くなり、コペルニクスと兄弟たちは、司祭であった母方の叔父に育てられました。

大学で教養科目を学び、天文学に触れる機会があり、コペルニクスは科学に興味をもつようになります。卒業後は、叔父の紹介で、司祭の仕事につき、安定した生活を送っていました。

1年ほどイタリアの大学に留学し法律を学び、戻ってくると、今度は医学を学ぶために再度留学します。この時代の医療では、必須科目で占星術も学ぶようです。その後はポーランドに戻り、司祭と医者の兼業で忙しい日々を送っていましたが、夜は天体観測に励みます。

 

地動説(太陽中心説)を唱えたきっかけ

天体観測を続けているうちに、いくつかの遊星が、天動説(地球中心説)では説明のつかない動きをしていることに気づき、太陽が地球の周りをまわっているのではなく、地球が自転しながら、太陽の周りをまわっているのではないか?という地動説(太陽中心説)を37歳のときに同人誌に発表します。それは、友人たちに配ることが目的で、一般的にほとんど知られることはなかったようです。

コペルニクスは、自分の説によって教会を揺るがすようなことをしたい、広めるために本を出版したいという考えはなかったようです。しかし、唱えた地動説は枢機卿の耳にも入っており、賞賛の手紙をもらったこと、親友の司教から出版を何度も勧められるうちに、出版してみるか!と言う気持ちになったようで、論文を書き上げます。

校正を依頼しているときに脳卒中で倒れ半身不随になり、仕上がった校正刷りは、亡くなった当日に届きました。地動説を発表したことにより問題になっても、ガリレオのように宗教裁判にかけられることもなく、ご本人が亡くなっているので、騒ぎようがなかったようです。

本日は、地動説を主張したコペルニクスの誕生日に由来した「天地の日」です。

 

きっかけ:

考え方がガラリと変わったことはありましたか?