2月20日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

2月20日 石川啄木 誕生日

2月20日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

志賀直哉 山の手線にひかれて大怪我

1883年2月20日~1971年10月21日 職業:小説家
出身:日本(宮城県)

白樺派を代表する小説家です。

 

白樺派とは何?
同人誌『白樺』は、理想主義、個人主義、人道主義などを題材にした作品を好み、その作風に共感した人たちが集まった雑誌です。白樺派はそこに系統する作家です。

 

代表作:

  • 『城の崎にて』
  • 『暗夜行路』
  • 『和解』
  • 『小僧の神様』

 

石巻で銀行に勤務していた父親は、直哉が2歳のときに銀行をやめ、文部省会計局に就職が決まり、一家は東京に移住します。文部省は8年ほどで退職し、総武鉄道の創業を手伝い社長に就任、様々な会社の取締役として従事した実業家でした。

直哉には兄がいましたが、直哉が生まれてすぐに早世しており、志賀家の家系が絶えないよう祖父母によって溺愛され、過保護に育てられます。

12歳のときに実母が亡くなり、父親の再婚については、小説『母の死と新しい母』に描かれているようです。直哉には年が少し離れた腹違いの弟1人、妹5人がいました。

 

中学校~大学

学習院中学校に入学し、友達と一緒に同人誌を発表します。このときは、小説家志望というわけではなく、軍人や実業家になりたかったようです。

直哉がはまっていたのは自転車で、自力で改造してしまうほど、こだわりがあり、どこに行くのにも自転車だったようです。

のめり込むものがある一方で、学校での直哉は真面目な学生とは言い難く、2回落第しています。その結果、2歳年下の武者小路実篤と同級生になり、最初は仲が悪かったようですが、生涯の親友になります。

この時期に、歌舞伎や浄瑠璃に夢中になり、歌舞伎座や明治座、芝居小屋によく行っていたようです。特に女義太夫に熱中し、それがきっかけで小説家志望になったと言われています。大学在学中に処女作を書いています。

大学卒業後、今度は現在の東京大学英文科に入学し、夏目漱石の講義に興味を抱くも授業にはほぼ出席せず中退します。東京大学在学中にメンバーを募り、『白樺』を創刊します。

 

 

エピソード

 

30歳 電車にはねられ入院

「えええ!」と思うような出来ごとですが、88歳まで長生きしています。

 

父親との確執

志賀家で働いていた女中と恋仲になり結婚しようとしますが、父親に反対され、関係が悪くなります。反対を押し切って結婚をしたというわけでもなく、武者小路実篤の従妹であたる女性と31歳のときに結婚しました。女性が初婚でなかったことから、父親はまた反対、直哉は離籍して、結婚式は武者小路家で行われました。

 

引越し魔

生涯に23回引越しをしています。
浮世絵師の葛飾北斎は生涯90回以上引越しをしているので、23回は少ないほうですが、東京都内での引越しではなく、広島、島根、京都、神奈川、群馬、千葉、奈良、静岡とバラエティにとんでいます。

 

きっかけ:

親友との出会いは何でしたか?