5月20日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

5月20日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

ブフナー漏斗は発明していないエドゥアルト・ブフナー

エドゥアルト・ブフナーはどんな人?

1860年5月20日~1917年8月13日 職業:化学者、発酵学者

1907年、無細胞的発酵の発見によりノーベル化学賞を受賞しています。

お題

発酵食品は身近にあり過ぎて特に意識していないでも食べていると思います。

発酵食品を作ってみよう。

関連するサイト:発酵のラジオ

高村智恵子の記念館は福島県二本松市にあり

1886年5月20日~1938年10月5日 職業:洋画家、紙絵作家

夫が彫刻家、詩人の高村光太郎で、『智恵子抄』で知られていますが、女性芸術家です。病に伏せってからは、切り絵作家とし千数百の作品を残しています。


pin

神戸文化ホールの壁面のモザイクタイルが、高村智恵子さんの切り絵が元になっているそうです。

[map addr=”神戸市中央区楠町4-2-2”]

ピグマンを動かすと見られます。あじさいのモザイクが見られます。

きっかけ:

身近にあるものを鉛筆でスケッチする代わりに色紙を切って絵を描いてみよう。

福島県二本松市にある智恵子の生家の裏に、智恵子記念館があります。公式のWebサイトがないので、検索してみてください。

関連するページ:高村光太郎記念館

デパ地下から撤退したパンやケーキの店ルノートル

ガストン・ルノートルはどんな人?

1920年5月20日〜2009年1月8日 職業:パティシエ

フランス菓子のイノベータ―、多くの料理人やパティシエに影響を与えたそうです。

閉店してしまいましたが…

「池袋西武「ル・ノートル」で待ち合わせ」という目印に使っていらした方も多いかもしれません。

ガストン=ルノートル

きっかけ:

デパ地下やお店で美味しそうなケーキを自分のために買いましょう。

相田みつを美術館は東京国際フォーラム内にあり

1924年5月20日~1991年12月17日 職業:詩人・書家

書道展に連続で入選するなど書家として順調な道を歩くも、専門家でなければ理解しにくい詩書道に疑問を抱き、30歳の頃から独特な書体で詩を書く作風が出来上がりました。

しかし、それだけでは食べていくことは出来ず、ろうけつ染めを学び、地元でデザインを請け負うなどをして生計をたてたそうです。

一般的に知られるようになったのは、紀野一義のベストセラー『生きるのが下手な人へ』で紹介され、60歳のときに出版された、詩集『人間だもの』が契機となったようです。

相田みつを

きっかけ:

100円ショップで色紙を買ってこよう。

相田みつをさんを真似して、見た人が元気になる詩を書いてみよう。

関連するページ相田みつを美術館

ホセ・ムヒカの言葉「この国はどこに向かっていくのか」

1935年5月20日 職業:ウルグアイの政治家

ウルグアイの第40代大統領を務め、世界で最も貧しい大統領」としても知られています。

2016年に来日し、インタビュー記事でご存知の方も多いかもしれません。

ホセ・ムヒカ

きっかけ:

消費以外の方法で経済を循環させる方法を考えてみよう。

5月20日今日は何の日?365日のきっかけ

世界計量記念日。

1876年5月20日メートル条約が締結されたことを記念した日です。

1mはどうやって決めたのか?ご興味のある方はメートル原器について調べてみてください。

今のようにものさしやメジャーがなかった時代は身体尺しかありませんでした。

人差し指、第一関節、腕、一歩の長さを測ってみよう。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!

スポンサーリンク