5月23日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

5月23日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

自然体系をつくったカール・フォン・リンネの業績

1707年5月23日~1778年1月10日 職業:博物学者・生物学者・植物学者

それまで知られていた動植物について情報を整理し、分類し、『自然の体系』という著書を発表しました。そのため、分類学の父と呼ばれています。

リンネの「植物の種」第一版やその後の著作の中で、多くの日本の植物に学名を付けて記載されています。当時、鎖国されていた日本の植物をどうやって知ったのか?

1690年 から2年間日本に駐在したドイツ人医師ケンペルが、植物の写生を行い持ち帰ったのと、リンネの弟子であるツュンベリーがオランダ商館の医師として赴任していることは分かっています。

ご興味ある方は、リンネ生誕300年であった2007年に行った記念行事について宮内庁のWebサイトに詳細が記載されています。「カール・フォン・リンネの業績」で調べてみてください。

カール・フォン・リンネ

きっかけ:

今日一日の間に何か困ったことがあったら、図式化して仮説をたててみよう。

哲学者アリストテレスによると、学問体系は3つに分けられると言っています。「理論」「実践」「制作」です。これを行動に置き換えると、聞いて、見て、行うということです。

「言うは易く行うは難し」という諺はありますが、制作しながら覚えたり、理解したりすることは沢山あります。

理解しているか否かという判断は問いをつくれるかではないでしょうか!?

アデリーペンギンの由来はデュルヴィルの妻アデリー

ジュール・デュモン・デュルヴィルはどんな人?

1790年5月23日~ 1842年5月8日 職業:探検家

3度の世界周航をし、3度目の航海の際に南極大陸の半島を発見し、妻の名前にちなみアデリー海岸と名づけました。アデリーペンギンはこの島で発見されたのでそう呼ばれています。

デゥルヴィル島もあります。オットー・ノルデンショルドが率いるスウェーデンの探検隊が、1902年に島を発見した際にデュルヴィルに因んで命名しました。

ジュール・デュモン・デュルヴィル

きっかけ:

二番煎じでもいい!挑戦したい世界へ勇気をもって飛び込んでみよう。

First Penguin ファーストペンギンは、勇気をもって行動する人という意味です。

自然界のペンギンは海に飛び込む際に、上手く海に飛び込めないと岩にぶつかり死んでしまうこともあります。崖の上で波の様子を見て、恐々しているペンギンの群れのなかで一匹が飛び込むことで、他のペンギンも続いて飛び込むため、最初の勇気あるペンギンをファーストペンギンと呼ぶそうです。

ファーストペンギンになれなかった、様子を伺ってから飛び込んだペンギンは一瞬のうちに一番を奪われてしまっただけかもしれません。

グライダーの開発オットー・リリエンタール

1848年5月23日~1896年8月10日 職業:航空技術者

オットー・リリエンタールさんはどんな人?

ドイツの初期の航空工学者で、鳥の羽根による飛行を約20年研究し、パラグライダーを実際につくり実験を重ねました。世界初の飛行機パイロット、ライト兄弟が目指す、空を飛ぶための道をつくった先駆者の一人です。

オットー・リリエンタール

 

きっかけ:

紙飛行機をつくってみよう。飛ばしてみよう。

5月23日 今日は何の日?365日のきっかけ

カメの日

「鶴は千年、亀は万年」と言われ、長寿の象徴として縁起のいい動物ではありますが、亀にも記念日があったんですね。

亀で思い出すのは、『浦島太郎』です。

玉手箱を開けなかったら元の生活に戻れたのかもしれません。玉手箱を開けなかった後の話を考えてみよう。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!

スポンサーリンク