5月24日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

5月24日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

二十世紀梨美術館何故鳥取?二十世紀梨の原点

松戸覚之助はどんな人?

1875年5月24日~1934年6月21日 職業:梨農家

千葉県松戸市で誕生した二十世紀梨の発見者である、梨農家さんです。

江戸時代から松戸のあたりでは梨の栽培をしていたようですが、父親が梨の栽培を始めてから、興味をもつようになったそうです。

あるときゴミ捨て場で、芽をだしている梨の苗木を発見したことから始まります。持ち帰り、植えて世話をし試行錯誤の末、10年後に実を結びました。その梨が二十世紀梨と命名されました。

松戸覚之助さんは二十世紀梨を全国で生産してほしいと苗木を分けました。各地に二十世紀梨が植えられますが、害虫の発生や実に袋がけをする手間があり、生産が伸び悩むなか、鳥取県は一丸となって栽培事業を発展させ、地元ブランドとして定着させました。

梨の妖精ふなっしーが登場する前に、なっしーというキャラクターがすでに鳥取県にいました。

梨の生産量、1位は二十世紀梨を発見した松戸覚之助さんゆかりの千葉県ですが、鳥取県も5位~6位に入っています。

因みに…梨はバラ科ナシ属です。

二十世紀梨松戸覚之助

きっかけ:

梨のためにいい言葉を考えてみよう。

梨の礫(なしのつぶて)や洋梨(ようなし)など、語呂に合わせた言葉は、あまりいい意味で使われることのない梨です。

関連するページ鳥取二十世紀梨記念館

文字と絵の境界線がないアンリ・ミショーの世界

アンリ―・ミショーはどんな人?

1899年5月24日~1984年10月19日 職業:詩人・画家

特異なイメージや内面的風景をそなえた詩によって、またアンフォルメルの先駆けとなった絵によって、20世紀の文学と美術において独自の地位を築きました。

1978年坂本龍一さんのデビューアルバムのタイトル『千のナイフ』は、1969年にアンリ・ミショー著作『みじめな奇蹟』の冒頭の一節からとられたそうです。

文字と絵の境界線を感じさせない、詩人であり画家です。


pin

きっかけ:

トンパ文字を書いてみよう。

インカ帝国には文字がなかったそうです。ですが、文字に代わるものとして、紐の結び目で、記録したり、保管したりしていたそうです。

文字に代わるものは絵以外にもあると思います。トンパ文字を書くことに興味がなかったら、文字に代わるものをみつけてみよう。

映画化されて大ヒット横溝正史の金田一耕助シリーズ

横溝正史はどんな人?

1902年5月24日~1981年12月28日 職業:説家・推理作家

薬学部の前身である専門学校を卒業し、薬剤師として実家の仕事(生薬)に従事していましたが、江戸川乱歩の誘いを受け東京の雑誌編集者に就職します。翌年には雑誌の編集長に就任し、務めながら、創作活動を行ったそうです。

雑誌の廃刊を機に会社を辞め、専業作家として始めましたが、肺結核にかかり療養しながら執筆活動を続けました。その後、劇的に回復し、金田一耕助が主役の長編、推理小説をはじめ、数々の長編小説を残しました。『犬神家の一族』が映像化されたために、推理小説ファン以外の一般人にも作品が知られるようになりました。

極度の閉所恐怖症で、電車が嫌いだったそうです。

閉所恐怖症でなくても、込み合った電車が苦手な人は多いと思います。

横溝正史

きっかけ:

満員電車を解消する方法を考えてみよう。

または、満員電車に乗っている間、楽しい・快適と思える方法を考えてみよう。

考えたら試してみよう。

ルパン3世の脚本を手掛けたこともあり鈴木清順の美学

鈴木清順はどんな人?

1923年5月24日~2017年2月13日 職業:映画監督・俳優

『殺しの烙印』は一般映画のみならずカルト映画としても世界的な評価が高く、『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』『夢二』の三部作では幽遠な映像美を見せ、その独特の映像表現は「清順美学」と呼ばれたそうです。

きっかけ:

絶対、これだけは譲れなという自分のこだわりをみつけてみよう。

それが、あなたのものの捉え方のガイドラインだったり、美学だったりします。

文学賞受賞ボブ・ディランの風に吹かれての歌詞

1941年5月24日  職業:ミュージシャン

社会の問題を詩にして歌にして伝えるミュージシャンとして活動を行い、2016年ノーベル文学賞を受賞しました。歌手がノーベル賞をとったのは初です。

代表作:

  • 『風に吹かれて』
  • 『時代は変わる』
  • 『ミスター・タンブリン・マン』
  • 『ライク・ア・ローリング・ストーン』
  • 『見張塔からずっと』
  • 『天国への扉』

ボブ・ディラン

きっかけ:

部屋の風遠しをしましょう。

リアルな風以外にも、流行や形勢が逆転するときなど、風向きが変るというように、見えないものの流れや何かが大きく変わるときに風を使います。

また日本には「風」に色々な名前があって、つむじ風とか、春一番、北風などはよく知られていますが、それ以外にも1000通り以上?(この数は定かではありませんが)、数えられないくらい、風の名前があるそうです。風の違いを肌で感じ取れるってすごいです。

風をよむ、空気をよむ、見えないものを読む力が求められることがあります。実際は、言葉のニュアンスだったり、表情や仕草だったり、肌で感じる温度だったりします。

このなかで、見えないものは、言葉と肌で感じる感覚ですが、あとは見えてます。ちょっとした観察だけで、空気をよめるマスターになれるかもしれません!

5月24日今日は何の日?365日のきっかけ

伊達巻の日

伊達巻の由来はいくつかあるそうですが、伊達正宗の好物であった説をとり、伊達正宗の命日である本日を伊達巻の日と制定したようです。

お正月のおせちに入ると、意味が込められ、巻物に似ていることから学業を習い事などが成就する縁起物になります。お正月しか食べない人もいるかもしれませんが、普段も普通に買えます。

なにか成就するように願って、伊達巻でも食べましょうか。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!

スポンサーリンク