6月6日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

6月6日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

画家ディエゴ・ベラスケス『マルガリータ王女』

1599年6月6日〜1660年8月6日 職業:画家

同姓同名の俳優さんがいらっしゃいますが、画家のディエゴ・ベラスケスさんは宮廷画家として、国王や王女、宮廷の人々の肖像画及び、室内を飾るための絵画が知られています。

代表作:『マルガリータ王女』


pin

きっかけ:

誕生日ごとに写真を撮っておこう。

スマホで自撮りをする人は多いと思いますが、誕生日ごとに毎年撮ってみよう。

絵も書も達筆!文人画家 池大雅(いけのたいが)

1723年6月6日~1776年5月30日 職業:文人画家・書家

代表作:『十便十宜』『楼閣山水図屏風』

絵師に弟子入りし絵を習ったのではなく、独学で職業画家になり、特定のパトロンを持たなかったそうです。

20歳代で指を使って描く指頭画(しとうが)を、30歳代で実在する景色を描く真景図(しんけいず)を主に描きながら常に新しい表現技法を模索しました。

文人画に留まらずに室町水墨画、狩野派、琳派、大津絵、中国の院体画、西洋画など、和漢洋の画法を研究し、大雅独自のおおらかな表現様式を築き上げました。

平板に傾きやすかった日本絵画を、構築的な描写や壮大な空間構成によって新生面を開き、日本人で初めて空を青色に描いたといわれる『浅間山真景図』があります。

artscapeからの引用

十便十宜(じゅうべんじゅうぎ)とは?

中国の清の時代に活躍した劇作家、李漁(りぎょ)が別荘での生活をうたった詩のなかで歌った「10の便利」を絵画化したものです。

きっかけ:

指で絵を描こう。

誰かいたら、背中に指で絵を描いてしりとりをしてみよう。

坂本龍馬他、幕末史に絶対登場するトーマス・グラバー

1838年6月6日〜1911年12月16日 職業:貿易商人

長崎に西洋式ドックを建設し造船の街としての礎を築くなど日本の近代化に大きな役割を果たしました。明治維新後も日本に留まり、高島炭鉱の経営を行ったり、造船、採炭、製茶貿易業を通して、日本の近代化に貢献しました。

国産ビール(KIRIN)の全身である会社を立ち上げるにあたり尽力したため、国産ビールの育ての親と言われています。KIRINのロゴは中国の霊獣、麒麟をヒントにつくられていますが、ヒゲの部分は、グラバーのヒゲを意識している!?という話ですが、麒麟の顔は龍なので、定かではありません。

トーマス・グラバー

きっかけ:

地元で作られている地ビールを味わってみよう。

地ビールがない場合は、小規模でつくっているクラフトビールはいかがでしょうか。

参考:クラフトビアマーケット

関連するページ:グラバー園 KIRINビール

ブラウン管テレビ時代の立役者フェルディナント・ブラウン

1850年6月6日~1918年4月20日 職業:物理学者・発明家

ブラウン管の発明など電磁気学および無線通信の分野に多大な業績を残し、1909年にノーベル物理学賞をグリエルモ・マルコーニと共に受賞しました。

液晶型テレビが普及し、ブラウン管テレビの生産は終了?または間近だと思います。

「ブラウン管の向こう」という言葉は、芸能人やテレビ業界の人を指していましたが、今、その言葉が使われることはあまりないように思います。

アイドルが身近になったり、SNSで日常の様子を知ることが出来たりと、テレビがなくても、情報を知ることが出来るようになり、PC、スマホ、タブレットなどのデバイスがテレビの代わりになりました。

フェルディナント・ブラウン

きっかけ:

個人がメディアになれるので発信してみよう。

PC、スマホ、タブレットなどがあれば、誰でも発信できます。

川端龍子代表作『金閣炎上』

1885年6月6日〜1966年4月10日 職業:日本画家・俳人

龍子は65歳から、病で亡くなった妻と戦地で亡くなった息子の供養のため、四国八十八ヵ所巡礼を始め、6年がかりで全札所を回り、各札所で淡彩のスケッチ(龍子はスケッチとは言わず「草描」)を残しました。

お遍路は、弘法大師(空海)の足跡をたどり、八十八ヶ所の霊場を巡拝することですが、全国にコースがあります。

巡礼やお遍路というと、四国八十八カ所が有名ですが、他にもあります。

上記以外にも沢山あり、簡易バージョンもあって、34か所というのもあります。

四国まで行けない江戸の人々が秩父で巡礼をしたそうです。秩父札所三十四ヶ所観音霊場

川端龍子

きっかけ:

巡礼スポットを回ってみよう。

関連するページ:大田区立龍子記念館

アラム・ハチャトゥリアン『仮面舞踏会』『剣の舞』

1903年6月6日〜1978年5月1日 職業:作曲家

代表曲:

  • 「仮面舞踏会」
  • 「剣の舞」

舞踏会という漢字、舞う、踏む会と書く理由は分かりかねますが、足を踏まれる回数が多いほど、お相手を見る顔が険しくなりそうです。

きっかけ:

違う人になりきってみよう。

仮面、お面、覆面など顔を覆うアイテムはいくつかありますが、目的は素顔を隠すためであったり、違うものになりきるためだったり、どちらにしても怪しく魅力的です。

古典芸能の能や民族芸能のナマハゲ、ドラマの仮面ライダーも仮面レスラーもそうですよね?

その他にも…仮面に関連する映画もあります。

6月6日 今日は何の日?365日のきっかけ

楽器の日・生け花の日

芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることから、今日は楽器の日、生け花の日です。

習いごとでなくても、何か新しいことを始めるのは、6歳・26歳・36歳・46歳…106歳でも始めることは出来ます。4月や5月に新しいことを始めようとしていたのに始められなかった方は、今日から始めてみましょう。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!