7月14日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

7月14日生まれグスタフ・クリムト 誕生日&何の日?

7月14日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

装飾家から画家に転身グスタフ・クリムトの作品

1862年7月14日~1918年2月6日  職業:画家

クリムトは工芸学校で学びました。後に弟2人も同じ工芸学校に入り、彫刻師、彫金師となって3人で劇場装飾を中心とした仕事を請け負う商会を設立しました。装飾家から画家に転身した人です。

金箔を使った作品が多いのは、ジャポニズム(尾形光琳などの琳派)の影響を受けていると言われていますが、彫金師の弟さんや舞台の装飾からきているのもしれません。

 

代表作:

  • 「ユディトⅠ」
  • 「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」
  • 「ダナエ」
  • 「生命の木」
  • 「接吻」

7月14日生まれグスタフ・クリムト

 

きっかけ:

身近にある金色のものを集めて写真を撮ろう。

 

 

二科展に出品し続けた親日家オシップ・ザッキンの作品

1890年7月14日~1967年11月25日 職業:彫刻家・画家

1909年にパリに渡りピカソやモディリアーニ、藤田嗣治と知り合い、エコール・ド・パリ(パリ派)の芸術家として活躍します。二科展に出品を続けた親日家としても知られ、多くの作品を日本でも見ることができます。

代表する作品:

  • 『破壊された都市』
  • 『野山を歩くファン・ゴッホ』
  • 『人間の森』
  • 『恋人たち』

 

7月14日生まれオシップ・ザッキン

 

きっかけ:

景色のようになっている公共施設に設置してある銅像やモニュメントに絞って写真を撮ってみよう。

 

ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラコンビ

ウィリアム・ハンナはどんな人?

1910年7月14日~2001年3月22日  職業:アニメーター・プロデゥーサー

ワーナー・ブラザース向けのアニメーション作品を制作していたプロダクションに入社し、アニメーターとして働きます。アニメーターとしての特別な教育は受けていなかったようですが、制作部門のリーダー核として活躍します。
その後、活躍する場を変え、脚本家のジョセフ・バーベラと組み、「トムとジェリー」を共同制作しました。

7月14日生まれウィリアム・ハンナ

 

きっかけ:

ネコとネズミのように、犬猿の仲と思われる組み合わせを考えてみよう。

 

イングマール・ベルイマン監督の映画作品

1918年7月14日~2007年7月30日 職業:映画監督・脚本家・舞台演出家

代表作:

  • 『第七の封印』
  • 『野いちご』
  • 『処女の泉』
  • 『鏡の中にある如く』
  • 『冬の光』
  • 『沈黙』
  • 『秋のソナタ』
  • 『仮面ペルソナ』

昨今、母と娘の関係の書籍は多く出版されていますが、1978年の『秋のソナタ』も同じように母と娘の確執が主題です。2012年にデジタルリマスター版が公開されました。

きっかけ:

母と娘だけでなく、人との関係に悩む人は、心穏やかに過ごせる方法を探してみよう。

心理学者のエリック・バーンの言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

過去と人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。

 

関連するページ:イングマール・ベルイマンの黄金期

 

7月14日 今日は何の日?365日のきっかけ

ゼラチンの日

ゼラチンはフランス料理で使われることから、フランスの記念日の一つであるパリ祭の日7月14日をゼラチンの日として日本ゼラチン工業組合が2004年に制定しました。さらに同組合は2005年にゼリーの日を制定しました。

ゼラチンを使って料理やお菓子を作ってみよう。

参考レシピサイト:森永天使のお菓子レシピ

 

 

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!