7月18日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

7月18日ポール・バーホーベン 誕生日&何の日?

7月18日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

勝見勝 オリンピックのアイコン ピクトグラムの仕掛け人

1909年7月18日〜1983年11月10日 職業:デザイン評論家・フランス文学者

1964年の東京オリンピックの際にデザインディレクターを務めたことで知られています。勝見勝さんによって、ピクトグラムが提案されました。

 

近年の統計では、年間2000万人の観光客が来日します。今も英語を話すのが苦手な人は多いですが、スマホがあるので分からないことは調べている人が多いですよね?

1964年には当然、今のようにスマホや携帯電話はありませんでした。そんななか、案内をするにはどうすればいいか考えた末、ピクトグラムが導入されました。競技案内用のピクトグラムは世界的に評価され、以降、競技用のピクトグラムのデザインは、開催国で大会に合わせてつくられています。


pin

ざっくりとしたピクトグラムの歴史

ピクトグラムのはじまりはアイソタイプ

1925年 オーストリアの哲学者であり、教育者であったオットー・ノイラートが考案した絵言葉(アイソタイプ)をイラストレーターのゲルト・アルンツ、マリー・ライデマイスターの協力を得て実現化しました。ウィーン市民に複雑な社会経済の事実を伝えることを意図した「社会経済博物館」の展示で使用されました。

トイレのマークと非常口のピクトグラム

1970年大阪万博の際にトイレの男女のピクトグラムが導入されました。当時は、トイレのサインであることが認識されていなかったため、「便所」という張り紙と合わせないと機能しなかったようすが、10年ほどかけて認識されるようになったそうです。

1972年、大阪のデパート、翌年は熊本市のデパートで起きた火災事故により100人以上の犠牲者がでてしまいました。調査した結果、非常口を示すサインが文字のみであるため、分かりにくかったことが大勢の犠牲者がでてしまった要因の一つであることが分かり、急きょ、政府が非常口のデザインを公募し、太田幸夫さんによって完成しました。

 

国際規格のピクトグラムは3つだけ

ピクトグラムは各国でデザインが異なり、統一されていません。国際規格になっているのは、非常口、禁煙、車椅子の3つだけです。

現在はピクトグラムの見直しが進められています。その一つは、外国人には伝わっていなかった温泉マークなどがあります。

 

 

きっかけ:

分かりにくいと思う標識はありますか?
どうしたら分かりやすくなりますか?

 

 

血液診断、エニアグラム?性格タイプ分け

能見正比古さんはどんな人?

1925年7月18日~1981年10月30日 職業:文筆家・放送作家

血液型と気質についての研究を「血液型人間学」としてまとめ上げ、「血液型性格分類」占いを考案した人物として知られています。

本を出版したのが1973年なので、血液型診断や占いで「A型几帳面、O型は大ざっぱ」などよく聞く「○型は○○」は50年くらいのことです。

 

血液型性格分析と類似するのが、エニアグラムです。人間の性格を 9種類に分類し、傾向を知る指針として利用するのが一般的です。日本ではコーチングの研修などで活用されることも多いです。

  1. 改革する人(良識的で理想主義。高潔。自己抑制的で完全主義者)
  2. 助ける人(人間関係を重視する。寛容。気持ちを表現する。八方美人。所有欲が強い)
  3. 達成する人(成功志向。適応力がある。卓越している。外面を気にする)
  4. 個性的な人(繊細。表現力がある。ドラマティック。自己陶酔的。気まぐれ)
  5. 調べる人(真剣で知的。洞察が鋭い。革新的。秘密主義的で孤立する)
  6. 忠実な人(真剣に関わる安全志向。愛嬌のある。責任感が強い。心配性で疑り深い)
  7. 熱中する人(活動的で面白いこと好き。自発的。多芸多才。欲張り。注意散漫)
  8. 挑戦する人(パワフルで仕切り屋。自信に満ち判断力に富む。強情で対決的)
  9. 平和をもたらす人(のんびりしていて控えめ。受容的。周りに合わせる。自己満足的)

 

 

きっかけ:

エニアグラムで自分がどういう傾向にあるのか知ろう。

 

ラジー賞 初出席者 ポール・バーホーベン監督の自分流

1938年7月18日 職業:映画監督

代表作:

  • 『ロボコップ』
  • 『トータル・リコール』
  • 『氷の微笑』
  • 『トリック』
  • 『エル ELLE』

この監督がすごいのは、毎年、アカデミー賞授賞式の前夜に「最低」な映画を選んで表彰するゴールデンラズベリー賞、通称ラジー賞(Razzies)の授賞式に出席した初の人です。酷評されたら、いい気分はしませんので、出席しない人が大半です。
授賞式でしたスピーチは、「オランダで映画を撮っていたときも最低と言われ続け、アメリカに来てもやはり最低と言われ続けています」

授賞式に出席しない、反応しないというのもありですが、認めてしまいそれを逆手にとって、笑わせたり、メディアから注目を集めるのも合理的な考え方だったり、自己プロデゥースという人もいます。

 

7月18日ポール・バーホーベン

 

きっかけ:

マイナスなイメージや感情を活かそう。

 

 

環境平和テーマ 青葉益輝の葉っぱを使ったデザイン

1939年7月18日〜2011年7月9日 職業:グラフィックデザイナー

「環境」や「平和」をテーマにした作品が多く、東京都のごみ問題をテーマにしたポスターや、平和の大切さを訴える自主制作の作品など、社会性の強いデザインをしたことで知られています。

 

 

きっかけ:

葉っぱを切り抜いて作るリーフアートに挑戦してみよう。

pin

 

7月18日 今日は何の日?365日のきっかけ

光化学スモッグの日

光化学スモッグ注意報がでたら、外にでないで、家の中で快適に過ごしましょう。

 

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、7月18日が誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!