8月2日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント* 

スポンサーリンク

8月2日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

固定電話使用<携帯電話使用 電話の開発はここから始まった!

イライシャ・グレイはどんな人?

1835年8月2日~1901年1月21日 職業:発明家

電話機を発明しますが、特許庁に特許の申請をするも、2時間遅かったため、 同じ発明をしたアレクサンダー・グラハム・ベルに特許を取得されてしまいました。グレイはその後、ファクシミリの原型、テレオートグラフを発明し、文字を遠くに電送することに成功します。

イライシャ・グレイ 、アレクサンダー・グラハム・ベル、エジソンの3人が、電話機の発明を競っていました。しかし、それより15年前に電話機を開発した人がいました。フィリップ・ライスです。「Telephone」テレフォンという言葉をつくったのもライスと言われています。

8月2日イライシャ・グレイ

きっかけ:

改良を重ねてバージョンアップしましょう。

フルーツの世界に興味のある人は多いかも!?

天野秀二さんはどんな人?

1915年8月2日〜2009年3月11日 職業:フルーツ評論家

新宿高野の勤務しながら「フルーツ評論家」として活動しました。

天野秀二著『図説 世界のくだもの366日事典』によるとフルーツの種類は430種、1995年の出版なので、今はもっと多いかもしれません。

フルーツ評論家という職業もユニークで素敵ですが、フルーツハンターという職業もあるようです。「フルーツハンター○○です」という自己紹介をされたら、間違いなく「もう一度お願いします」と聞き返したくなると思いますし、名刺をいただいたらプレミアム感満載です。

フルーツ検定というちょっと変わった検定をみつけました。

きっかけ:

ちょっと変わった資格検定から、興味を探してみよう。

関連するページ:日本の資格・検定

『翼をください』は合唱から替え歌芸まで展開された

山上路夫さんはどんな人?

1936年8月2日 職業:作詞家

喘息で闘病生活を送っていたため、学生生活を送ることがなかったそうです。21歳のときに作詞家になることを決心します。

代表曲:『翼をください』

『翼をください』の替え歌の芸もあるくらい、ポピュラーな曲です。

今、私の願いごとが叶うならば

翼がほしい

この背中に鳥のように

白い翼をつけて下さい

この大空に翼を広げ

飛んで行きたいよ

悲しみのない自由な空へ

翼はためかせ 行きたい

子どものとき夢みたこと

今も同じ夢に見ている

この大空に翼を広げ

飛んで行きたいよ

悲しみのない自由な空へ

翼はためかせ

この大空に翼を広げ

飛んで行きたいよ

悲しみのない自由な空へ

翼はためかせ 行きたい

8月2日山上路夫

きっかけ:

野鳥の観察をしてみよう。

8月2日 今日は何の日?365日のきっかけ

カレーうどんの日

6月2日が「カレーの日」、7月2日が「うどんの日」であることが由来します。

カレーを作ったあとに、カレーうどんを作ってみましょう。

カレーうどん参考レシピ:NHKきょうの料理カレーうどん

カレーエキスパートやカレーマイスター、カレー検定もあります。

語呂合わせで8(ハ)ー 2(ブ)ハーブの日でもあります。

因みに、ハーブ検定も複数あります。ハーブ&スパイスとか、ハーブセラピストとか、メディカルハーブとか…気になる方は検索してみてください。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!