8月4日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

8月4日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

ルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋から着想

ルイ・ヴィトンはどんな人?

1821年8月4日~1892年2月28日 職業:スーツケース職人

旅行用鞄の専門的として開業し、世界的なブランドとして知られるようになったのは、ルイ・ヴィトンの死後のことです。

代表的なモノグラムは、万国博覧会の際に日本の家紋に触発されて出来た柄です。

2015年奈良国立博物館で開催された67回正倉院展のポスターの「紫檀木画槽琵琶」とモノグラムがそっくり、ヴィトンはこれを真似したのか!と話題になりました。1300年前の柄が、現代でも違和感なく使えることはすごいことだと思います。

きっかけ:

自分の家の家紋を確認してみよう。

墓石に刻まれていたりするので、お墓参りのときに確認してみよう。

関連するページ:紋章上繪師 波戸場承龍さん 京源

波戸場さんについて知りたい方はこちらの記事がオススメです。

ルイ・アームストロング「この素晴らしき世界 (What a Wonderful World)」

ルイ・アームストロングはどんな人?

1901年8月4日~1971年7月6日  職業:ミュージシャン

サッチモ (Satchmo) という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンです。「この素晴らしき世界 (What a Wonderful World)」は誰もが一度は聞いたことがあると思います。

「What a Wonderful World」和訳 歌:エヴァ・キャシディ

8月4日ルイ・アームストロング

きっかけ:

泣いている赤ちゃんを見たら、この歌を思い出してみよう。

発祥は海外でも日本の食文化になった食べ物研究家

小菅桂子さんはどんな人?

1933年8月4日〜2005年8月10日 職業:食文化研究家

きっかけ:

食べ物に特化して○○を見てみよう。

絵画の中の食べ物に特化した書籍もあります。

林綾野著

  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』
  • 『ロートレックの食卓』
  • 『フェルメールの食卓 暮らしとレシピ』
  • 『クレーの食卓』

8月4日 今日は何の日?365日のきっかけ

ビアホールの日

1899年の8月4日、現存する中では日本で最も古いビアホール「ヱビスビアホール」が開店したことを記念して、ヱビスビアホールの後身である銀座ライオンが制定しました。

居酒屋で飲むビールとビアホールやビアガーデンで飲むビールと違いがあるのか?分かりませんが、夏のビアホールは活気があります。

箸の日

語呂合せ8(は)4(4)の箸の日でもあります。

わりばし組合が1975年に制定にし、東京千代田区の日枝神社では8月4日箸供養祭が行われます。箸は古来より使った人の魂が宿る言われており、使わなくなったお箸を捨てるのではなく、供養しましょうという日です。

「箸」をテーマにかかれた本が非常に多いです。割りばしをもらわないでマイ箸を使う人も増えていますが、自宅にすでにある昔の割りばしを箸として使うにはちょっと厳しいなと思うものを工作に利用したら良さそうですね。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!