9月14日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

9月14日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

ペンギンや海流の名前になったフンボルトの冒険

アレクサンダー・フォン・フンボルトさんはどんな人?

1769年9月14日~1859年5月6日 職業:探検家・地理学者
出身:ドイツ(プロイセン王国)

フンボルトペンギンは、水族館や動物園で見る機会が多いと思います。フンボルトは、アレクサンダー・フォン・フンボルトに因んだ名前です。

フンボルトの名前は聞いたことがあっても、何をした人かはあまり知られていませんよね?
近代地理学の祖と呼ばれ、地理学の方法論『コスモス』を書いたことで知られています。科学界のシェークスピアと評され、ダーウィン、ワーズワース、ジュール・ヴェルヌなど科学者や作家に刺激を与えました。

フンボルトは裕福な貴族の家の二男で、兄とともに幼い頃より、家庭教師がついて英才教育を受けますが、勉強が得意であった兄に対し、フンボルトが興味を示したのは、自然に関するもので、花や蝶、昆虫、貝や石を集めて収集し、分類してラベルをつけて整理することが好きだったようです。

大学で探検好きな友達ができ、ヨーロッパ旅行をしたことが世界を探検するきっかけでした。母親が亡くなり遺産を相続すると、本格的に探検調査を開始するようになります。
南米大陸に渡り様々な動植物の調査を行います。このときペルー沿岸に流れる海流の調査をしたことに因み、ペルー海流は別名、フンボルト海流とも呼ばれています。

その後の活躍については、ネットで検索してみてください。

エピソードとして、フンボルトはサロンに出入りをするなど社交的であっただけでなく、筆まめで一年間に3000通を超える手紙を受け取り、そのうち2000千通には自身で返事を書いていたそうです。

9月14日アレクサンダー・フォン・フンボルト

きっかけ:

筆まめを真似て「まめ」がつく言葉をつくってみよう。

まめは面倒くさがらずによくやる、真面目という意味ですが、結構何でもいけそうです。

世界中には650属、18,000種類以上のマメが存在します。私たちが食用としているマメは70種くらいだそうです。よく知られいてる豆の属性が下記の7種属です。

海外旅行に行く人は、食品店で「マメ」を見るというのも面白いかもしれませんし、お土産にも良さそうです。

  • ラッカセイ属
  • ダイズ属
  • ヒラマメ属
  • ヒヨコマメ属
  • エンドウ属
  • ソラマメ属
  • インゲン属
  • ササゲ属

猫好き赤塚不二夫のキャラクター 大人になった『おそ松さん』

1935年9月14日~2008年8月2日 職業:漫画家
出身:日本(旧満州)

代表作:

  • 『おそ松くん』
  • 『ひみつのアッコちゃん』
  • 『天才バカボン』
  • 『もーれつア太郎』

小学生のときに、手塚治虫の『ロストワールド』に出会ったことが、漫画家になるきっかけで、見よう見まねで漫画を描きはじめ、12歳のときにSF長編漫画を描き、母親に付き添ってもらい出版社に持ち込みに行きますが、そのときはデビューとはいかなかったようです。

2015年には、赤塚不二夫生誕80年を記念し、『おそ松くん』が大人になったという設定で『おそ松さん』がアニメ化されました。

生誕80周年企画はそれ以外にも『マンガをはみだした男』というドキュメンタリー映画も上映されました。タイトルのマンガをはみ出した先は、笑いを追及したということですが、影響した人物としてよく知られている人はタモリさんです。タレントになるために上京したばかりのタモリさんで、即興芸に惚れこみ、自分の部屋を貸していたそうです。

9月14日赤塚不二夫

きっかけ:

バカなことを真面目にやってみよう。

1976年、誌上において「全日本満足問題研究会」を発足させ、「バカなことを真面目にやる」という連載を行ったそうです。

バカなことを真面目にやるに類似するのが、スティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学で行った演説のなかで言った言葉です。

「Stay hungry, Stay foolish.」「ハングリーであれ、愚かものであれ」

もう一つ類似すると思われるのは、吉田松陰が言った、「諸君、狂いたまえ」です。

共通して言えるのは、人がしないようなことを考えした人が、残したメッセージです。

関連するページ:

赤塚不二夫公認サイト これでいいのだ!

東京都青梅市 赤塚不二夫会館

建築家 レンゾ・ピアノの作品の特徴、近代的

1937年9月14日 職業:建築家
出身:イタリア

7月23日生まれのリチャード・ロジャースと共に建築設計事務所「ピアノ&ロジャース」を共同主宰し、ポンピドゥーセンターなど手掛け、1998年に建築界のノーベル賞、プリツカー賞を受賞しました。

代表作:

  • ポンピドゥー・センター
  • 関西国際空港旅客ターミナルビル
  • ジャン・マリー チバウ文化センター
  • 銀座晴海通り メゾン・エルメス
  • パウル・クレー・センター
  • ホイットニー美術館

きっかけ:

「チバウ文化センター」で地図検索して、投稿されている写真を見てみよう。
チバウ文化センターはニューカレドニアにある文化博物館です。

ニューカレドニアは、「天国に一番近い島」と呼ばれていますよね?

もとになったのは、森村桂著の同名の小説がもとになっているそうです。

9月14日 今日は何の日?365日のきっかけ

セプテンバーバレンタイン

女性から別れ話を切り出してもよいとされる日で、紫色の物を身に付け、白いマニキュアを塗り、緑のインクで書いた別れの手紙を直接手渡すというのがやり方です。コントみたいで笑えますが、面倒で呪いみたいで怖い、いい方法には思えません。

メンズバレンタインデーでもあります。

男性か女性に下着を送って愛を告白する日で、日本ボディファッション協会が1991年に制定したそうです。これを見たとき、男性が男性の下着を贈るの?女性の下着?どちらにしても、そんな告白をされたらドン引き…やらないほうがよさそうです。

「バカなことを真面目にやる」というお題には合っているかもしれません!

上記2つ以外の記念日がないので、記念日を制定するとしたら、注目間違いなしです。記念日を制定したいと思っている方にオススメな日です。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!