9月23日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

9月23日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

ユトリロの母 シュザンヌ・ヴァラドンの映画のような生涯

シュザンヌ・ヴァラドンはどんな人?

1865年9月23日~1938年4月7日 職業:画家
出身:フランス

本名、マリ・クレマンティーヌ・ヴァラドンは、モーリス・ユトリロの母であり、女流画家として知られています。画家になる前は、モンマルトルで活動する芸術家のモデルをしており、ルノワール、ロートレック、スタンランが描いた「ヴァラドンの肖像」が残っています。

ロートレックと同棲していた際に、ヴァラドンの力強いデッサンを褒めてくれたことがきっかけで画家としての道を歩むことになり、エドガー・ドガのもとで学び、ドガの勧めでサロンに出品し、国民美術協会の女性初の会員となりました。

ヴァラドンが画家たちのモデルをやめないことに嫉妬したロートレックは、嫌がらせで、旧約聖書に登場する魔性の女「シュザンヌ」と罵ったので、ヴァラドンは「シュザンヌ・ヴァラドン」と名乗るようにしました。

ロートレックと破局後、音楽家のエリック・サティと交際していたこともあり、サティもヴァラドンを描いています。そのドローイングはイラスト風で可愛いです。Wikipediaに、4人が描いたヴァラドンの絵が載っているので、ご興味のある方は是非、「シュザンヌ・ヴァラドン」でチェックしてみてください。
シュザンヌ・ヴァラドンについて知りたい方はこちらがオススメです。


pin

恋多きヴァラドンの生涯を映画化したら面白そうです。

9月23日シュザンヌ・ヴァラドン

きっかけ:

誰かにお願いして、肖像画や似顔絵を描いてもらおう。プロでなくてOK

シュルレアリスムの画家 ポール・デルヴォーのジレンマ

ポール・デルヴォーはどんな人?

1897年9月23日~1994年7月20日 職業:画家
出身:ベルギー

リュルレアリスムを代表する画家です。作品のモチーフになっている裸婦、列車、骸骨が繰り返し登場します。上半身が裸、または白ワンピースの女性や骸骨が、儀式をしているかのように無表情で静寂、そして何故か、列車がでてくるのが特徴です。

シュルレアリスムは、非現実的で夢や無意識の奇妙な世界が描かれ、1924年から40年代まで流行った、流派です。

デルヴォーは、幼少期にギリシャ語、ラテン語などの語学を学び、ジュール・ヴェンヌの小説やホメロスの詩に影響を受けており、ローマの神殿のような建物も風景のなかによく登場しますが、美術学校で両親から絵画をやることを反対され、建築科に進んでいることも影響しているのかもしれません。

デルヴォーの作品に登場する女性は無表情で、みな同じ顔です。2人の女性が影響していると言われています。一人は母親、もう一人は最愛の女性、タムです。母親はデルヴォーを溺愛しすぎたために、タムとの交際を反対し別れることになりました。母からの呪縛、タムの姿をひたすら描きつづけます。2人はおよそ20年ぶりに再開し結婚しました。

pin

代表作:

  • 『Loneliness』
  • 『海は近い』
  • 『トンネル』
  • 『人魚の村』

9月23日ポール・デルヴォー

きっかけ:

夢によくでてくる場所やモノはありますか?

朝起きたら、みていた夢を忘れてしまったり、夢だからなんだっていうの?と思うこともありますが、精神状態は夢にすごく直結していて、不安なときや辛いとき、または何かに挑戦しようと迷っているときによく見る夢があったりするのも事実です。

「歯がバラバラと抜ける夢みたことある!」「階段から落ちる夢」「何かに追いかけられる夢」などの夢の話を職場の同僚と話していたら、同じような夢をみている人が何人もいました。災いの予兆などと言われることもありますが、知るとすっきりすることもあります。

いつも見ている夢が、何を指しているのか、気になった方は調べてみると、自分では気づいていなかった感情が分かるかもしれません。

ジョン・コルトレーンの活躍した10年間

1926年9月23日~1967年7月17日 職業:サックスプレーヤー

出身:アメリカ

モダンジャズのサックスプレーヤーとして知られています。
20代の頃は売れず、仕事をしながらの音楽活動に励みます。バンドに加わってから、30代で売れ、40歳で亡くなるまでのおよそ10年間という短い活動期間にアルバムに換算して200枚を超える多数の録音を残しています。


エピソードとして大の甘党で虫歯だらけ、歯医者が嫌いだったそうですが、歯医者が好きと言う人もあまりいないと思います。

代表するアルバム:

  • 『A Love Supreme 至上の愛』
  • 『Blue Train ブルートレイン』
  • 『My Favorite Things  マイ・フェイヴァリット・シングス』
  • 『Ascension アセンション』

きっかけ:

好きなもの、嫌いなものは何ですか?

9月23日 今日は何の日?365日のきっかけ

万年筆の日

1809年の9月23日、イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが万年筆の原型となる軸内にインクを貯蔵できるペンを考案し、特許を取得したことに因みます。

いつも使っているペンにこだわりはありますか?

万年筆は手入れが大変そう?高そうというイメージを持っている人は、今は数百円で購入できる万年筆もあり、リフィールタイプなので、普通のペンと変わりません。

初めて万年筆を使うと、書き心地が癖になります。

インクを補充するタイプ万年筆をは、好きな色がペンに入っていくことを手で感じる瞬間が好きです。

最近は、自分の好きな色をブレンドして下さるお店もあります。ご興味のある方は、チェックしてみてください。

蔵前にあるインクスタンド カキモリ

カキモリのWebサイトに書いてあるメッセージが好きです。

うまく言えないことも、色がそっと伝えてくれる。

セーラーのインク工房

セーラーのWebサイトで、インクブレンダ―の方が、カクテルを作るように、インクを作っていらっしゃる様子がご覧になれます。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!