10月8日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

10月8日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけ、一人でできるワークショップをプレゼントします。

うま味成分発見 池田菊苗の研究の原点は体型コンプレックス?

池田菊苗はどんな人?

1864年10月8日~1936年5月3日 職業:化学者
出身:日本(京都府)

うま味成分、L-グルタミン酸ナトリウムの発見者として知られています。「UMAMI」は世界共通語にもなっています。

幼少の頃より勉学に励んでいましたが、明治維新後、薩摩藩士だった父親の事業が上手くいかず、経済的に困窮し、勉学を続けることが難しくなったときがあったそうです。

大学予備門に入学するために、衣類、布団を売って、家族に無断で東京に行き入試を受けるものの、奨学金が至急されるのは上位2番目まで、博士は3番目の成績でした。博士の熱意で特待生として奨学金を受け、そのまま東京で勉強を続け、現:東京大学に入学し、卒業後は、師範学校の先生や、助教授などの仕事を経て、ドイツに留学し研究を行いました。

ドイツに留学後、ロンドンに数か月滞在し、同じ下宿先に夏目漱石がいたため、知り合いになり、その後も交流があったそうです。帰国後、東京大学の教授になり、その数年後に「うま味」成分を発見し、特許を取得しました。

博士がうま味成分に気付いたきっかけは湯豆腐でした。湯豆腐を食べる際に、4つの基本の味、甘味、塩味、酸味、苦味とは異なる、もう一つの味があることを確信し、昆布だしの研究に取り組みました。

昆布だしの成分から、グルタミン酸というアミノ酸の一種を発見し、「うま味」と命名し、うま味調味料の製造方法を発明します。事業経営を任された鈴木三郎助氏、(味の素の創業者)により、「味の素」が製造販売されました。

博士が特許を取得した7月25日は、うま味調味料の日です。

鰹節に含まれるうま味成分イノシン酸、キノコ類に含まれるうま味グアニル酸を発見したのも日本人と、うま味成分として主に知られているのは下記の3つを発見したのは全員日本人です。

  • グルタミン酸(昆布・海藻類)発見者:池田菊苗
  • イノシン酸(かつお節・肉・魚類) 発見者:小玉新太郎※
  • グアニル酸(干ししいたけ・きのこ類)発見者:醤油のヤマサ研究所 国中明

※(イノシン酸そのものはドイツの化学者リードッヒによって発見されていました)

博士がうま味成分を発見したおよそ100年後の2000年に、マイアミ大学が、舌にうま味物質のみに反応する受容体があることを発見、2006年には味の素の研究所にて、胃にもうま味に反応する受容体があり、タンパク質の消化吸収に関与していることが分かりました。

また、うま味物質は満足感を高め食事の量を抑えることができるということが近年分かり、ダイエットにはうま味を使った食事をとることが良いと言われています。

ラーメンはスープが要で、肉や魚、野菜、菌類、昆布や鰹節などなど、色々なものから出汁をとり、うま味が凝縮されているので、万国共通して美味しいと思う理由も分かる気がしますが、脂質が多いのでダイエットには向かないです。

昆布出汁やカツオ出汁は、和食には欠かせないものです。2つの出汁を合わせる、合わせ出汁は、うま味成分が増します。科学的に全く分からない時代から、日本人は、出汁を使って料理を作っていたわけですから、すごいです。

10月7日池田菊苗

きっかけ:

出汁を使った料理で一番好きなものを作ってみましょう。

関連するページ:

日本うま味調味料協会
こんぶネット

作曲家 武満徹の映画音楽

1930年10月8日~1996年2月20日  職業:作曲家

出身:日本(東京都)

独学で作曲を学び、映画やテレビなどで前衛的な音楽を発表、和楽器を取り入れた『ノヴェンバー・ステップス』によって、日本を代表する現代音楽家として知られています。
2016年は、武満徹さんの没後20年を記念して「武満徹の映画音楽」会がBunkamuraオーチャードホールで開催されました。

Wikipediaに載っていたエピソードで、素晴らしいと思ったのは、デビューする前、ピアノを買う余裕がなかったときに、街を歩いている際にピアノの音が聞こえると、音色を辿り知らない人に頼んで弾かせてもらっていたそうです。

今は、防犯上、知らない人を家に入れるのは怖くて出来ない時代ですが、ピアノを弾いてくれる人が突如やってきたら面白いし、微笑ましい話だと思いました。

10月7日武満徹

きっかけ:

自分が持っていないものは人から借りてみよう。

エイリアンのシガニー・ウィーバー、『怪物はささやく』祖母役

1949年10月8日  職業:女優

出身:アメリカ

代表作:

  • 『エイリアン』シリーズ
  • 『ゴーストバスターズ』シリーズ
  • 『アバター』
  • 『怪物はささやく』

きっかけ:

誰かの悩みや話を黙って聞いてみよう。

10月8日は木の日でもあります。
「十」と「八」を組み合わせると「木」の字になることから、日本木材青壮年団体連合会が1977年に制定しました。

「怪物はささやく」は、夜の12:07にイチイの大木が話しかけてくる話です。

児童文学に分類されるようで、青少年読書感想文全国コンクールの中学部門、2012年度の課題図書だったようです。

木が話しかけてくるというファンタジー感は吹っ飛び、ハッピーエンドではない話にえぐられます。中学生のときに感想文を書くことが求められていたら、書けなかったと思います。この話と同じ経験をされた方も多いと思いますし、現在、ご家族の介護をされている方にとっても決して、読んでいて楽しい気分になる本ではありません。

知られたくないから隠していたものを、オープンにされたとき、そのときの状況を思い出したり、今考えていることを言い当てられ、胸をしめつけられる私は下記の一文がブサっときました。体験が加わるので、人によって涙腺崩壊するようなこともあると思います。

「嘘と真実を同時に信じた自分に罰を与えようとする」

せつない、感動したという言葉では表せない、矛盾した感情に葛藤がありますが、この本をオススメします。箱に入りきらない感情と類似する話を、本や映画や、誰かの話を読んだり、観たり、聞いたりするだけで、ちょっと救われることがあります。

2017年春、同タイトルで映画が公開されました。

大竹伸朗「記憶の層」巨大絵本発表 死ぬまでに絵本1冊作る法律

1955年10月8日 職業:現代美術家

出身:日本(東京都)

音楽、絵、文章(エッセイ・絵本)、デザイン(直島の「I♥湯」、ニューシャネルなどの日本語フォントのTシャツやガチャガチャ)、現代美術家という言葉にはおさまりきれない、マルチクリエイターという言葉がぴったりです。

印刷物を貼りつける表現方法と出会ったきっかけは、大学を休学して渡英した際に行った蚤の市でした。マッチラベルがびっちり貼られたスクラップブックと、マッチラベルが入った袋を見た瞬間、自分がやるべきが分かった、確信が飛んできたそうです。

絵が描ける人は面白い文章を書く人がすごく多いですが、大竹さんのお話はワクワクするだけでなくときめきを覚えます。著書『既にそこにあるもの』は、モノづくりに携わったり、これから美大に入って学ぼうと考えている人は、是非読んでいただきたいです。

10月7日大竹伸朗

きっかけ:

絵本をつくってみよう。

大竹さんについて知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

「死ぬまでに絵本を一冊つくんなきゃいけないって法律があったらおもしろい。義務になると、納税感覚みたいで嫌になるかもしれないけど、誰だって一生のうちに一つくらい、おもしろい話があると思うんだよ。それを、手が汚れたり面倒くさい思いをしたりしながら、アナログで表現したらいい」

「ジャリおじさん」は1993年発行された絵本です。絵が好みということもありますが、こういう絵本を作りたいです。

ジャリおじさんのキャラクターは、知人のフランス人の美術評論の風貌+フランスの作家、アルフレッド・ジャリの代表作『ユビュ王』のために制作したマリオネット人形の写真を組み合わせたものだそうです。

ジャリ=日本の俗語で「子供」を意味し、おじさんでありながら子供という矛盾する意味合いが込められています。

絵本を作成するにあたっての話が、著書『既にそこにあるもの』にかかれてあり、制作するときに何を考えているのか、ちょっとだけ垣間みることができます。

芸術家と呼ばれる人は基本的に個の世界を追及し、形にしていく人々と言える。その結果、その人の独自のオリジナルの世界に到達した人は芸術の世界では“優秀な人”になるのだが、子供相手、それも2~4歳を対象にして一つの世界を展開しようとすると、自分が今までつくり続けてきた自分だけの個の世界に大きく立ちはだかる壁にぶつかる。

子供にとっては芸術家も絵本作家もないわけで、まして芸術家の個の世界など知ったことではない。

シガニー・ウィーバーのきっかけで、紹介した『怪物がささやく』と話の内容は全く異なるのに、根本は同じように感じるのは、海にでるまでひたすら歩く様子が、生き方に見えるからなのかなと思いました。

大竹さんは作曲家で同じ誕生日の武満徹さんにお会いしたことがあり、圧倒する人物だったと著書『既にそこにあるもの』の「距離 武満徹の追憶に」のなかで触れています。

マット・デイモン出演 映画作品

1970年10月8日  職業:俳優
出身:アメリカ

代表する作品:

  • 『オーシャンズ』シリーズ
  • 『ボーン』シリーズ
  • 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』
  • 『オデッセイ』

きっかけ:

出来ないときもあって…すみません。

10月8日 今日は何の日?365日のきっかけ

足袋の日

10月以降、七五三・正月・成人式と着物を着る機会が多くなるシーズンの最初の月であることから、日本足袋工業懇談会が1988年に、末広がりで縁起の良い10月8日を記念日としました。

近年では、足袋ソックスや足袋靴とか、足袋ブーツなど、着物ではなく洋服でも違和感ない、足袋のカタチのものがでています。

骨と関節の日

「ホネ」の「ホ」を漢数字の「十」と「八」に分解したものに見えることから、1999年に日本整形外科学会が制定しました。

入れ歯感謝デー・歯科技工の日

語呂合わせ 1(い)0(れ)8(ば)入れ歯とかけて、全国保険団体連合会が1992年に入れ歯の日、それとは別に日本歯科技工士会が2005年に入れ歯感謝デー・歯科技工の日を制定しました。

「歯は抜いてはいけない、磨いてはいけない」など言われていますが、親不知が生えたら抜いてますし、磨かないと何となく口のなかが嫌やです。本のタイトルのように磨いてはいけないという人がいれば、ちゃんと磨いた方がいいという人もいます。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!