10月9日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

10月9日ジョン・レノン 誕生日&何の日?

10月9日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

カミーユ・サン・サーンスの『動物の謝肉祭』

サン・サーンスは19世紀のフランスで活躍した作曲家です。

同時代の19世紀前半は、ベートーヴェン、ワーグナー、ブラームス、シューマン、ショパンリストが活躍しました。サン・サーンスと年齢が一番近いのは、2つ年上のブラームスです。

後半は、ドビュッシー、ラヴェルサティラヴェルサティドヴォルザーク、ブラームス、マーラー、ムソルグスキーなどが活躍しました。

 

代表曲:

  • 組曲『動物の謝肉祭』
  • 『死の舞踏 op.40』
  • 幻想曲『アフリカ op.89』

 

『動物の謝肉祭』の「獅子王の行進曲」「カンガルー」「水族館」「白鳥」は機会が多いと思います。それ以外の「亀」「象」「カッコウ」「化石」など始めから終わりまで聴くと面白いです。

 

カミーユ・サン・サーンスはどんな人?

1835年10月9日~1921年12月16日 職業:作曲家
出身:フランス

 

モーツァルト級の神童と言われ、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲したと言われていますが、事実かどうかは微妙なところです。13歳でパリの音楽院でオルガンを学び、作曲家兼オルガニストとして活躍し、16歳で最初の交響曲を書きました。

作曲家、ピアニスト、オルガニストとして活躍したほか、幼少の頃から様々な分野に興味を持ち、詩、天文学、数学、絵画なども得意でした。

 

38歳のときに保養のために、当時フランス領であったアルジェリアに滞在したのをきっかけに旅にはまり、北アフリカ、スペイン、北欧、南北アメリカ、カナリア諸島、セイロン島、ベトナムなど、各地を巡っています。旅の影響から異国風の音楽も制作しています。

私生活では、40歳で結婚し二児のお父さんでしたが、生まれて3年後に相次いで亡くなり、妻とは別居、母親と暮らしていました。母親が亡くなってからは、住まいを限定せずに各地を旅しながら作曲や演奏をし、最後はアルジェリアで亡くなりました。86歳でした。

代表作の『動物の謝肉祭』は51歳のときに作品なので、旅の影響もあるのかもしれません。「ツィゴイネルワイゼン」の作曲したサラサーテと親しくなり、演奏活動旅行をともにしていたことがあるようです。

 

10月9日カミーユ・サン・サーンス

 

 

きっかけ:

肉派ですか?魚派ですか?

 

復活祭(=イースター)の46日前から復活祭の前日までを四旬節(2月くらい)に行われるのが謝肉祭です。仮装したパレードや、お菓子やお花を投げる行事などが行われています。

「謝肉祭」と書きますから、豪快に肉を食べるような感じがしますが、断食のことで「バイバイお肉ちゃん、また会う日までさようなら」という感じで肉に別れを告げるお祭りです。

 

ジョン・レノン『イマジン』オノ・ヨーコさんと共作曲に認定

1940年10月9日~1980年12月8日 職業:ミュージシャン
出身:イングランド

ザ・ビートルズを立ち上げたリーダーで、主にボーカル・ギター・作詞・作曲を担当、メンバーのポール・マッカートニーと共にビートルズの作品の多くを作詞作曲しました。グループ解散後は、シンガーソングライターとして、妻のオノ・ヨーコさんと共に活動しました。米国の音楽出版協会が、『イマジン(Imagine)』の共作者としてオノ・ヨーコさんを公式に認めたそうです。

 

息子ショーン・レノン(母親はオノ・ヨーコ)さん1975年10月9日生まれで、お誕生日が同じ日です。

 

10月9日ジョン・レノン

 

きっかけ:

歌詞を確認しながら聴いてみましょう。

 

スティーヴ・マックイーン監督 現代アーティストでもあり

1969年10月9日 職業:映画監督・脚本家・現代アーティスト
出身:イングランド

同姓同名で『荒野の七人』『大脱走』に出演していた俳優のスティーブ・マックイーンさんではなく、映画監督の方です。

 

代表作:

  • 『ハンガー』
  • 『SHAME -シェイム-』
  • 『それでも夜は明ける』

 

きっかけ:

お腹がすいてから食べてみましょう。

映画『ハンガー』はハンガーストライキを扱った作品です。

 

断食やファスティングはダイエットで行うという場合もありますが、腸内環境がリセットされたり、脳が活性化したり、精神状態が安定したり、自律神経が整ったり、免疫力が向上したりするようです。ですが、自己流でやると危険なこともあるので、最近では断食用の施設があったりします。

ラマダンとか、仏教の修行でも断食はあり、心身の浄化を目的としていますが、やると体調が整うという利点もあるんですね。

 

 

10月9日 今日は何の日?365日のきっかけ

熟成肉の日

語呂合わせ、10(じゅ)9(く)せいにくで熟成肉の日です。大阪府大阪市に本社を置き、国産の黒毛和牛本来の美味しさを提供する「但馬屋」などの焼肉店、ステーキ店を展開する株式会社牛心が制定しました。

塾の日

語呂合わせ 10(じゅ)9(く)塾の日を全国学習塾協会が1988年に制定しました。

道具の日

語呂合わせ 10(どう)9(ぐ)道具の日を東京都台東区のかっぱ橋道具街が制定しました。

トラックの日

語呂合わせ、10(ト)ラッ 9(ク)トラックの日として、全日本トラック協会と47都道府県トラック協会が1992年に制定しました。

土偶の日

語呂合わせ、10(ど)9(ぐう)土偶の日として、「土偶の日運営委員会」が制定しました。楽しみながら考古学に親しむをコンセプトに活動し、土偶と縄文のポータルサイト「どぐぽた。」などを通じ、土偶に限らず広く縄文時代の文化について多くの人にその魅力を知ってもらうのが目的しています。

 

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、10月9日が誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!