10月21日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

10月21日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

アルフレッド・ノーベル死後の評価up期待、遺産でノーベル賞⁉︎

毎年、10月くらいにノーベル賞の発表が行われますが、発表日は決まっていなくて、各賞ごとに発表も異なっています。10月に発表されるのは、アルフレッド・ノーベルが生まれた日が関係しているのかなと思われます。

アルフレッド・ノーベルはどんな人?

1833年10月21日~1896年12月10日 職業:発明家
出身:スウェーデン

アルフレッド・ノーベルについて知りたい方はこちらの記事がオススメです。

ダイナマイトの発明で知られ、350の特許を取得し、巨万の富を築きます。兄が亡くなった際に、ノーベルが亡くなったと勘違され、新聞記事の見出しに『死の商人、死す』という題と、「沢山の人間を殺害する方法を見つけ、富を築いた人物が亡くなった」という内容にショックを受けます。

自分が死んだら、後世にどういうふうに語り継がれるのだろうか?と死後の評価を気にするようになります。そこで、ノーベルは莫大な財産を使って、後世に残る優れた研究や文学を残した人を称えるためのノーベル財団を立ち上げ、運用資金に使うように遺言を残しました。

ノーベル財団の財政が安定しているときと不安定なときでは、受賞者の賞金が若干異なります。ノーベルは資産のほとんどを安全証券に託しており、財団は時代の変化とともに、不動産や担保付ローン、株などに投資をして資産運用をしていますが、上手くいかないときもあるようです。

ノーベルが亡くなって95年後の1991年、「人々を笑わせ、考えさせてくれる研究」に対して表彰されるイグノーベル賞ができました。ノーベル賞のパロディです。

イグノーベル賞をつくったマーク・エイブラハムズ氏のTEDスピーチも面白いのでオススメです。

TEDのスピーチのなかで、キツツキが木に頭を打ち付けているのに、何故、脳震とうが起きたりしないのか?という研究で、イグノーベル賞を取った研究者の話がされました。近年、頭を打ち付けることが多い、アメフト選手の脳がどうなっているのか?という疑問に、キツツキの脳の研究が脚光を浴びるようになったそうです。

この話を聞いて思ったのは、素朴な疑問や面白いかも!と思ったことは、何の役にもたたないかもしれないけれど、役にたつこともあるということです。

10月21日アルフレッド・ノーベル

きっかけ:

何でだろう?を追及してみましょう。

江戸川乱歩作品は漫画・アニメ化・ドラマ・映画化しやすい?

1894年10月21日~1965年7月28日 職業:小説家・推理作家
出身:日本(三重県)

本名、平井太郎は、父親の転勤が多い仕事だったことも影響してか、大人になっても引越しを繰り返し、生涯46回の転居をしたそうです。幼少の頃に、母親が、菊池幽芳訳『秘中の秘』を読み聞かせてくれたのが、探偵小説に触れたきっかけだったようです。

中学、高校と小説に読みふけることが多かったようですが、大学卒業後は貿易会社、古本屋、蕎麦屋、探偵事務所と様々な仕事を経験します。29歳のときに小説家デビューし、探偵小説を数多く発表しました。

ペンネームの江戸川乱歩は、アメリカの作家、エドガー・アラン・ポオに由来します。

江戸川乱歩の作品は、漫画家も映画化もドラマ化も、テレビアニメ化もされていて、独特なサディズムやグロテスクな世界に魅了される人が多いようです。

近年では、『芋虫』『江戸川乱歩異人館』が漫画化されていたり、『少年探偵団』を原案として、テレビアニメ化された、『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」』は、2016年~2017年にかけてTOKYO MXでなどで放映されていました。

代表作:

  • 『陰獣』
  • 『孤島の鬼』
  • 『怪人二十面相』
  • 『幻影城』
  • 『芋虫』
  • 『人間椅子』

10月21日江戸川乱歩

きっかけ:

怪くて魅力的なもの、 その魅力は何ですか?

ディズニーアニメーションの色設計をしたメアリー・ブレア

1911年10月21日~1978年7月26日 職業:芸術家・色彩設計

出身:アメリカ

大学で水彩画を学び、アーティストとして活躍しようと奮闘しますが、世界金融恐慌のため、自分がしたい仕事に就くことが出来ず、いくつかのアニメーションスタジオで働いたのち、ディズニースタジオに入ります。

初期のディズニー映画、『シンデレラ』『不思議の国のアリス』『ピーター・パン』『眠れる森の美女』などの色彩設計や、ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインも行っています。

その後は、フリーで絵本作家の挿絵や商品のパッケージデザインの仕事を請け負うようになりました。

2017年、日本科学未来館で90年にわたるディズニーアニメーションの歴史を振り返る『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』展が開催されました。ディズニーが保有する6500万点以上の原画の中から厳選された500点のほぼ全部が日本初公開の原画だったようで、このなかに、メアリー・ブレアが手掛けた原画も紹介されていたようです。


pin

色彩設計という仕事は、アニメーションの世界観を決める重要な仕事で、ジブリ映画では長年、保田道世さん(1939年4月28日~2016年10月5日)が務めていらっしゃいました。

以前、NHK『探検バクモン』で、スタジオジブリに潜入した回で、宮崎監督と保田さんのやり取りをちょっとだけ見たのですが、ほんの一言、二言のやり取りだけで、監督がイメージする色を完璧に再現されていたことに驚きました。

台詞の言葉や動く絵だけが作品の世界観ではなく、色はものすごく重要でそういうお仕事があるんだな…と感激しました。

きっかけ:

好きな色、自分が似合う色、気持ちが上がる色、反対に暗い気分になる色など、気分で色を選んでみよう。

10月21日 今日は何の日?365日のきっかけ

あかりの日

1879年10月21日は、あかりのありがたみを認識する日です。

由来は、トーマス・エジソンが京都産の竹の繊維を炭化させたフィラメントを用いて白熱電球を完成させたことにちなんで、日本電気協会・日本電球工業会など4団体が1981年に制定しました。

エジソンはノーベル賞を受賞していません。

エジソンは電気を発明したと言われていますが、実際に発明したのはジョセフ・スワンで、エジソンは発明家ではあるけれど、どちらかというとビジネスマンに近く、実用化?普及させたのがエジソンです。

実用化といっても、実際に電力のシステムを生み出したのは弟子の、ニコラ・ステラで、電気の普及に貢献したということで、ノーベル賞の候補にはなっていたようですが、受賞は逃しています。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!