10月22日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

10月22日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

ピアノの魔術師リストはイケメンだったのでモテた

フランツ・リストはどんな人?

1811年10月22日~1886年7月31日 職業:ピアニスト・作曲家
出身:オーストリア

代表曲:

  • 『愛の夢』
  • 『ラ・カンパネラ』
  • 『超絶技巧練習曲 S.139 第4番 ニ短調 「マゼッパ」』
  • 『ハンガリー狂詩曲』
  • 『コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調』

幼少の頃から音楽の才能が開花し、10歳になる前には公開講演会を行っていたようです。パリ音楽院に入学しようとしますが、フランス国民ではないため、入学を拒否されたため、個人指導の先生を選び師事します。

父親が早くに亡くなり、15歳でピアノの教師として家計を支えました。

指が6本あるのではないか?と言われるほど超絶技巧の持ち主で、どんな曲でも所見で弾きこなすことができたので「ピアノの魔術師」と呼ばれていたようです。指6本はなかったようですが、幼少の頃から指を伸ばす練習をしていたようです。伸ばそうとすれば伸びるもんなんですね。

若い頃は端正なお顔立ちだったため、失神するくらい熱狂的な女性ファンがいたというエピソードがあります。

過激な演奏スタイルで知られ、途中でピアノの弦が切れてしまったり、演奏を聴いているリストのファンのなかには感激のあまりに失神、ご本人も頑張りすぎて、演奏中に失神してしまうこともあったようです。

多数の講演会を行っていたため、収入はあったようですが、生活費に充てるか、寄付してしまっていたようです。お金の執着を感じさせないエピソードとして、指導者としては弟子に自分の真似をすることよりも、個性を重要視し探求することを勧める自由形式、無料で指導を行っていたようです。

10月22日フランツ・リスト

きっかけ:

「鐘」という言葉からイメージするものは何ですか?

カンパネラはイタリア語で、「鐘 かね」ベルを意味します。

フジコ・ヘミングさんは十八番である『ラ・カンパネラ』を弾くとき、「壊れた鐘があってもいい」と思っていらっしゃるそうです。

私が「カンパネラ」でイメージするのはお花です。「カンパニュラメジューム」は、南ヨーロッパ原産のキキョウ科で、小さなベルのカタチをした青紫やピンクの花が鈴なりに咲きます。

イタリアではないですが、映画『ノートルダムの鐘』を思い出しました。

神秘的な挿絵画家 エドマンド・デュラック

1882年10月22日~953年5月25日 職業:挿絵画家

出身:フランス

もともとは画家志望ではなく、大学で法律を学びますが、性に合わなかったためか、国立の高等美術学校の美術のクラスで学ぶようになります。奨学金をとりパリの美術学校でさらに学ぼうとしますが、学校が合わず3週間でやめてしまい、故郷に戻りました。

挿絵の仕事のためにロンドンに渡り、生涯ロンドンで過ごしたようです。戦前と戦後では仕事が異なり、戦前は豪華な挿絵本の絵を描いていますが、戦後は肖像画、新聞の風刺漫画などのイラスト、舞台衣装やセットなどの舞台芸術、チョコレートのパッケージや蔵書票などのデザインなど、多岐にわたり、活動していたようです。

エドマンド・デュラックの神秘的な絵は、透明水彩を使っているようです。原画を見てみたいです。

きっかけ:

透明水彩を極めよう。

ちょっとピンぼけが特徴 ロバート・キャパの写真

1913年10月22日~1954年5月25日 職業:写真家

出身:オーストリア

本名はフリードマン・エンドレ・エルネーです。

戦場カメラマン、報道カメラマンとして活躍し、スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦(ノルマンディ上陸作戦)、第一次中東戦争、および第一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材しています。

写真家として売れなかった時代に、語学堪能で知的な女性、ゲルダ・タローと「ロバート・キャパ」として、2人で売り方を考え発表しました。簡単に言うと、架空の人物「ロバート・キャパ」を2人でプロモーションしながら、活動していた時期がありました。

名前が一躍知られるようになったのは、グラフ誌に掲載された『崩れ落ちる兵士』と呼ばれる写真です。

キャパの初期の写真には、ゲルダが撮ったものも含まれていて、『崩れ落ちる兵士』はゲルダが撮った写真である可能性が高く、実際に起きた出来事を撮ったのではなく、仕込みだったのではないかとされています。

掲載について恋人だったゲルダに内緒にしていたことが、ゲルダが自分の名前で独立し活躍するきっかけだったようです。これに転じて、エルネーは一人でロバート・キャパの名前で活躍するようになりました。

小説家や画家、映画俳優や女優と交友があり、イングリット・バーグマンと交際していたこともありま。バーグマンからプロポーズされて断ったというエピソード、キャパがプロポーズしたのはおそらくゲルダのみで、ゲルダが亡くなったあと、ホテルを転々とする仮住まいで、生涯独身を貫いています。

また、イングリット・バーグマンが出演した映画『誰がために鐘は鳴る』は、アーネスト・ヘミングウェイの同タイトルの長編小説を映画化したものです。スペインの内戦を舞台とした作品にキャパは自身が取材した体験を重ねたようです。バーグマンと映画との縁もあり、ヘミングウェイとの交友は生涯続いたようです。

ゲルダ・タロー(8月1日)のきっかけでもロバート・キャパについて触れています。

10月22日ロバート・キャパ

きっかけ:

ピンボケ写真を狙って撮ってみましょう。

10月22日 今日は何の日?365日のきっかけ

平安遷都の日

延暦13年10月22日(西暦 794年11月18日)、桓武天皇が長岡京から山背国葛城郡宇太村の新京に移ったことに由来します。(同年11月8日に平安京と命名)平

安遷都から1100年目を記念して明治28年から、毎年、京都市では時代祭(10月22日~24日の3日間わたり)が行われています。

関連するページ:時代祭

パラシュートの日

1797年10月22日にフランスのアンドレ・ジャック・ガルヌランが、高度約2,400メートルから布製の傘のようなもので飛び降りたことに由来します。

パラシュートのアイデアが生まれたのは、ナポレオン戦争の際にイギリス軍に捕まり、オーストリア軍に引き渡され、3年間捕虜生活を送っていたときに、脱走する方法として妄想していたのがきっかけだったようです。

関連するページ:屋内スカイダイビング体験 FlyStation

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!