10月30日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

10月30日アントワーヌ・ブールデル 誕生日&何の日?

10月30日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

印象派の画家 アルフレッド・シスレー

1839年10月30日~1899年1月29日 職業:画家
出身:フランス

シスレーは、パリで事業をしていたイギリス人貿易商の裕福な家庭の4人兄弟の末っ子として生まれます。

少年時代はパリで過ごしますが、18歳のときに伯父のもとでビジネスを学ぶだめにロンドンに留学します。4年間のロンドンでの暮らしは、ビジネスよりも美術に関心を持ったようです。

コンスタブルやターナーをはじめとするイギリスを代表する作品に触れたことで、画家になることを決意します。ビジネスを学ぶのを中断し、パリへ戻ったシスレーはアトリエで学び、マネやルノワール、フレデリック・バジールなど、後に印象派グループとなる仲間と出会います。

父親の援助もあり、他の画家よりも経済的にゆとりがあったため、父親やシスレーと奥さんの肖像画をルノワールに描いてもらうなどをしていたようです。

一方、シスレーは室内画や人物画はほぼなく、風景画を大量に描きました。

 

pin
 

印象派というと、ルノワールはよく知られていますが、シスレーというイメージはないかもしれません。しかし、印象派で最年長であったカミーユ・ピサロは、アンリ・マティスに「典型的な印象派の画家は誰か?」と問われた際に、「シスレー」と答えたというエピソードがあります。

生涯に800点も作品を残したのに生前は評価されませんでしたが、近年再評価され、実は印象主義の風景画を確立したのはシスレーで、日本画家に影響を与えていたのはシスレー様式ではないかと考えられています。

2015年東京練馬区立美術館、開館30周年記念で、シスラー展が開催されました。

 

きっかけ:

評価されなくても続けてみよう。

 

ロダンのアシスタント アントワーヌ・ブールデル

1861年10月30日〜1929年10月1日 職業:彫刻家
出身:フランス

彫刻家ロダンのもとで助手をしていた、フランソワ・ポンポンは動物のカワイイ彫刻を制作していましたが、同じ助手でも、ロダンに忠実だったのが、アントワーヌ・ブールデルです。

13歳で、キャビネット制作する父親の跡を継ぐため、学校を辞め、美術学校で彫刻を学びます。ロダンはブールデルの仕事を評価し、1893年にブールデルはロダンのアシスタントになります。

先生としても、ジャコメッティやマイヨールといった多くの優れた芸術家を育て、20世紀に活躍した彫刻家の先駆者として知られています。

国立西洋美術館や、彫刻の森美術館などに、代表作の『弓をひくヘラクレス』があります。

 
pin
10月30日アントワーヌ・ブールデル
 

きっかけ:

平面の絵を粘土で立体にしてみよう。

 

切り絵作家という職業はいつからあったのか? 宮田雅之

1926年10月30日〜1997年1月5日 職業:切り絵作家
出身:日本(東京都)

今は、切り絵作家さんというと、本が出版されていたり、ブログやSNSで作品を発表していらっしゃる方も多く、消しゴムハンコ作家さんと同じくらい、職業として確立されているように感じるのですが、昭和はどうだったんでしょう。

 

出版社でブックデザイナーとして働いていたようですが、全米のブックジャケットコンテストに入賞し、谷崎潤一郎の本の挿絵画家、切り絵作家としてスタートします。

1枚の紙を1本の刀で切りだす切り絵は、高く評価され、日本人初の国連公式認定画家にも選出さされたそうです。

着物の絵柄の型を作るのに、同じ技法が使われていたり、寄席の芸でハサミで即興切り絵などはありますが、職業として切り絵作家と名乗られていたのは、宮田雅之さんがお初だったのかもしれません。その前にすでにやっていた方を見つけたら、追記します。

公式サイトがあり、切っている様子が動画で見られます。

サイトの作品を見て思ったのは、キレイとかカワイイ、繊細以外の色気のある切り絵を初めて見て、切り絵も絵と変わらない表現が出来るし、それ以上のことも出来るのかもしれないと思いました。

 

きっかけ:

好きな作家さんの著作の挿絵を想定して作品を作ってみよう。

 

関連するページ:宮田雅之の切り絵の世界

 

 

10月30日 今日は何の日?365日のきっかけ

たまごかけごはんの日

2005年10月30日に島根県雲南市で「第1回日本たまごかけごはんシンポジウム」が開催されたことに由来します。2005年以降、毎年開催されています。

シンポジウムの様子は、デイリーポータルZにありました。

たまごがけご飯用の醤油はスーパーでも見かけます。

2017年に開催された玩具ショーでたまがけごはんを食べるための子供の玩具の紹介をニュースで見ました。食育、コミュニケーションの玩具ということでしたが、衝撃でした。

「たまごがけご飯」がテーマの本もあります。たまごがけご飯だけで商品や本が出来るってすごいですね。

 

香りの記念日

1992年10月30日、石川県七尾市で第7回国民文化祭「世界香りのフェアIN能登」が開催され、それを記念し制定されました。

初恋の日

1896年(明治29年)、島崎藤村が『文学界』46号に『こひぐさ』の一編として初恋の詩を発表したことに由来し、島崎藤村ゆかりの宿である長野県小諸市の中棚荘が10月30日を「恋人の日」に制定しました。毎年、初恋をテーマとした「初恋はがき大賞」等のイベントがあるそうです。

 

 

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!