11月7日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

スポンサーリンク

11月7日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

ノーベル賞を2部門で2回受賞した女性はマリ・キュリーだけ

近年、「リケジョ」という言葉を聞く機会が増えました。理系を選択した女性で、研究者や開発者だったりします。リケジョの代表として注目されていた小保方さんのSTAP細胞の一件も何だかよく分からないうちに、膨大な情報の中に埋もれて行っていってしまいました。

「ドイツの研究チームでSTAP現象が再現された!」という話までしか記憶にないです。小保方さんが日本初の女性のノーベル賞受賞者になれたのか…?そのあたりは分かりません。
ノーベル賞のwebサイトを見ると、女性でノーベル賞を受賞したのは1901年から2017年の時点で48人、圧倒的に男性が多いです。48人しかいないなかで、一人2回受賞しているのが、マリー・キュリーただ一人、リケジョ先駆者です。

マリー・キュリーはどんな人?

1867年11月7日~1934年7月4日 職業:物理学者・化学者
出身:ポーランド

放射線の研究でノーベル物理学賞と化学賞を受賞した女性研究者です。

マリーは5人兄弟の末っ子で、ポーランドの大学で教鞭を執っていた科学者の父、母親も学校の校長を務めていた教育者という家庭で育ちました。

当時、ポーランドではウィーン会議によって分断され不穏な時代でした。帝政ロシアの監視対象であった知識人にマリーの父親も入っていました。それでも、学びたい学生のために密かに講義を行っていたことが発覚し、職と住まいをはく奪されてしまいます。一家は困窮しますが、転居し小さな寄宿学校を運営しながら細々と暮らしていました。

しかし預かっていた生徒の一人がチフスにかかり、それが原因で姉が感染して亡くなり、さらに追い打ちをかけるように母親が結核で他界します。

マリーは優秀な成績で学校を卒業しますが、女性が進学の道が開かれていなかった時代に、姉も優秀でパリで薬学を学ぶために頑張っていたことから、マリーは援助を申し出て、住み込みで家庭教教師として働き始めます。

家庭教師先の一家の長男と恋仲になりますが、身分違いを理由に反対され、契約期間を終えると、異なる一家の家庭教師として仕事を続けます。24歳で大学に入学するまで働き、姉の援助と自分が勉強できる費用を貯めました。

パリの大学に入学してからも苦学生で、寝る間も惜しんで勉学に励みます。貯蓄が底をついたとき、学友が奨学金を申請してくれたおかげで、勉強を続けることが出来たそうです。

その後のキュリー夫人の研究については、ネットで検索してみてください。

パートナーであったピエール・キュリーが事故で亡くなった後、義理の父の手助けはあったものの、大学教授になり子供2人を育てています。研究と家庭の両立が難しいと思いますが、昔も今も女性は強いです。

きっかけ:

働きやすい環境に必要なものは何ですか?

動物行動学 コンラート・ローレンツ著「ソロモンの指輪」

近年、東海大学の研究でイルカが人に近い言語能力を持っていることが分かりました。今までの研究では、人間と同じような「文法」をもっているのは、鳥類のみで、人間に一番近いと言われているチンパジーは認知能力があることは確認されましたが、言語に関しては確認出来なかったことです。

鳥類の「文法」と言えるのかは分かりませんが、近年、カラスの鳴き声を分析しフン害対策の一環として、ドローンからカラスの鳴き声を流して誘導させる実験が山形県で行われ、成功しました。

人と動物がコミュニケーションのとれるソロモンの指輪がなくても、近い将来、実現可能になりそうな感じがしませんか?

コンラート・ローレンツはどんな人?

1903年11月7日~1989年2月27日 職業:動物行動学者
出身:オーストリア

近代の動物行動学を確立した人物です。『ソロモンの指輪』の著書です。

同僚の研究者とともに、動物の行動学の研究で、1973年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

ローレンツの研究でよく知られているのは、ガチョウ(ガン)のヒナが孵化して最初に見たもの、動いているもの、声をだすものを親だと思い込む、刷り込みの発見です。

ローレンツは、「イカは人工的な飼育が出来ない生き物」の発言していました。1975年、日本の脳科学者の松本元氏は、(1940年11月24日~2003年3月9日)神経細胞が巨大で観察しやすいことから、ヤリイカの人口飼育を成功させました、ローレンツは確認するために来日し、実際にイカが水槽内で生きている様子を見ています。一週間、水槽の中の様子を見届けても信じなかったようです。

ソロモンは旧約聖書の「列王記」に登場する古代イスラエルの第三代の王様です。大天使ミカエルはソロモンに指輪を授けます。その指輪をはめると、動植物の声を聞いて理解することが出来るという話です。

11月7日コンラート・ローレン

きっかけ:

話してみたい動物はいますか?

アルベール・カミュの名言「自由とはより良くなるための機会」

アルベール・カミュはどんな人?

1913年11月7日~1960年1月4日 職業:小説家・劇作家・哲学者
出身:フランス

1957年にノーベル文学賞を受賞した小説家です。

代表作:

  • 『異邦人』
  • 『シーシュポスの神話』
  • 『カリギュラ』
  • 『ペスト』

フランス領アルジェリアの農家に生まれます。幼い頃に父親が戦死し、母親の実家で育ちます。

小学校に入学すると、先生がカミュの才能に気付き家族を説得して、奨学金を受けながら高等中学校に進学することになりました。青春時代は、学問に勤しむだけでなく、サッカーなどのスポーツに熱中し、アルバイトをしており、現代の学生とあまり変わりません。

その後大学に進学し、教員や本に触発され、文学の道を志すようになりました。

46歳のときに自動車事故で亡くなりますが、このときに持っていたカバンの中から発見された執筆中の小説『最初の人間』は2013年に生誕100年を記念して映画化されました。

それ以外のアルベール・カミュの小説が原作の映画作品

  • 『異邦人』 (1967年)
  • 『Fate』 (2001年)
  • 『涙するまで、生きる』(2014年)などがあります。

タレントのセイン・カミュさんは、アルベール・カミュの子孫(兄の孫)にあたるようです。

11月7日アルベール・カミュ

きっかけ:

誰かの才能を発掘してみよう。

30日ハンバーガーを食べ続けたモーガン・スパーロック

モーガン・スパーロックはどんな人?

1970年11月7日 職業:映画監督・脚本家・プロデゥーサー
出身:アメリカ

ドキュメンタリー映画の制作者です。

代表作の『スーパーサイズ・ミー』は、2004年に公開された長編ドキュメンタリー映画です。

マクドナルドのハンバーガーを朝・昼・晩の3食、1ヶ月食べ続けたらどうなるのか?という挑戦を実際に体験したものです。かなり危険な行為で、体重が一気に増加しただけでなく、肝臓に炎症まで起きたそうです。

そこまでして何を伝えたかったのか?一企業をターゲットにして批判したいというわけではなく、アメリカ人の生活習慣や、肥満体型による問題などを分かりやすく伝えたかったようです。

代表作:

  • 『スーパーサイズ・ミー』
  • 『30 days(TVシリーズ) 』

ちょっと前ですが、2011年にTEDのスピーチに出演した際に、TEDの命名権にスポンサーをつけようと広告をだしました。「何を話すか分からない、失敗するかもしれない、泥を塗るかもしれない、それでもいい宣伝になりますよ」というものでした。

TEDのスピーチで、困難や危険な場所を体験して、その様子を映像で伝える方法は、人々の興味関心を引くだけでなく、分かりやすく社会問題を考察するためでもあり、それで見ている人が楽しんでくれればいいと言っています。

映画の制作費を得るために、タイアップ企業を探す過程を紹介しています。

最初は興味を示してくれますが、次第にどんな映画になるのかも分からない作品に、多額の費用をかけられない、ブランドイメージはどうなる?というところで断られ、どの企業も参加してくれません。

後半、ブランドイメージは何?と一般人に「自分のブランドは何ですか?」とインタビューしているシーンがあり、それが興味深かかったです。

職業や自分のファッションの好み、性格の傾向を言う人もいます。モーガン・スパーロックのブランドは何?とカウンセラーに診断をしてもらうのですが、話しているうちに何が何だか分からない、自分がどんな人なのか?明確に答えられるようなものばかりがブランドではないようです。

11月7日モーガン・スパーロック

きっかけ:

自分のブランドを説明できますか?

11月7日 今日は何の日?365日のきっかけ

鍋の日

語呂合わせ、11(いい)7(な)(べ)で「いい鍋。食品メーカー・ヤマキがこの日が立冬になることが多いことから、制定しました。

鍋のレシピ参考:NHKきょうの料理

紀州山の日

かつて、紀州の山村では、旧暦11月7日に山の神に感謝する祭が行われていいました。山林に対する理解を深め、人と山が共生する山村作りを啓発するための活動で、和歌山県が1994年に記念日として制定しました。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、本日誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!