12月7日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

12月7日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、今日一日ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

近代マジシャンの祖 ロベール・ウーダンのハンドマジック

1805年12月7日〜1871年6月13日 職業:マジシャン
出身:フランス

本名、ジャン・ウジェーヌ・ロベール・ウーダンは時計職人で、精巧な自動人形を制作していました。40歳のときに憧れていたマジシャンに転身し、数々のマジックで人気を得ており、そのマジックのいくつかは現代でも使われています。

ウーダンは、近代のマジシャンの父とも呼ばれています。それまでのマジックは、怪しい宗教儀式、黒魔術のような様式でしたが、ウーダンはそれを変え、暗かった部屋の照明は明るくし、変な装飾や衣装をやめ、燕尾服(夜会服)にシルクハットという恰好を定着させました。

現代のマジシャンもビシッとしたスーツを着ているのは、ウーダンから続くマジシャンの伝統かと思います。

ウーダンの名言でこんなものがあります。

マジシャンとは魔法使いを演じる役者

映画『幻影師 アイゼンハイム』はスティーヴン・ミルハウザーの『バーナム博物館』に収められた短編小説の映画化で、2006年公開されました。

この小説のなかに、ウーダンが考案した?マジックが使われています。

きっかけ:

手品に挑戦してみましょう。

この動画、すごく丁寧にマジックを教えてくれます。

肉食女子?純粋?与謝野晶子の恋愛パワー

11月28日生まれの宇野千代さんについて、元祖?肉食女子と書きましたが、それ以前にも普通にいました。与謝野晶子の場合は、多数の男性というわけではなく、与謝野鉄幹一筋なので、肉食女子には部類されないのかもしれません。

与謝野晶子が生まれ育った大阪堺市の開口神社は、与謝野晶子がよく訪れていたことから、恋愛に悩む人や安産祈願で訪れる女性が多いそうです。

与謝野晶子はどんな人?

1878年12月7日~1942年5月29日 職業:歌人・作家・思想家
出身:日本(大阪)

『みだれ髪』の作者です。

日露戦争の際に、出兵する弟を思い歌った「君死にたまふことなかれ」で反戦派の歌人というイメージは強いですが、本当は皆、言いたかったけど、言えなかっただけで、心に留めていたことを、口にして言葉で伝えようとした人でもあります。

誕生から与謝野鉄幹と知り合うまで編

本名、鳳 志よう(ほう しょう)は、老舗の和菓子屋を営む家に生まれますが、家業は上手くいってはいなかったようです。小さな頃から兄の影響で、尾崎紅葉、幸田露伴や樋口一葉の小説を読み、学校に入学してからは「源氏物語」などの古典文学に親しんでいたようです。

20歳の頃には店番をしながら、和歌を投稿するようになっていました。大阪で開かれた歌会で、与謝野鉄幹と知り合い親しくなりますが、既婚者であった鉄幹との関係は不倫関係と世間から非難されます。

作家デビュー後の活躍編

本格的に作家活動をすることになり、実家をでて東京に移り住みます。

処女作の「みだれ髪」は、奥ゆかしいことを美徳として女性像をがらりと覆す大事件でした。「みだれ髪」を読んでも、正直、エロスな感じは全くしませんが、昔の人の想像力は抜群だと思います。

鉄幹は、鳳 志ようの才能を誰よりも分かっていたため、妻と離婚し一緒になることを選びます。

ペンネームの与謝野は鉄幹の姓、晶子は「しょう」という本名の読みに、漢字を当てて、訓読みにしたようです。

34歳のときに、与謝野鉄幹がパリに行くことになり、晶子も追ってフランスに行き(洋行費は森鴎外が工面)4ヶ月ヨーロッパの各国をまわり、教育の重要性に気付きます。賛同者を集い、43歳のときに日本初、男女共同の文化学院を創設しました。

2人は12人の子供に恵まれますが、(内1人は生まれてからすぐに亡くなった)鉄幹の詩の売れ行きが悪くなり、慶応大学の教授職に就くまで、収入が不安定で、子育ての合間に仕事を大量に引き受け、残した歌は5万首、『源氏物語』の現代語訳など、精力的に仕事に取り組みました。

与謝野鉄幹と晶子のバナナの赤裸々な嗜好については個人の問題なので触れませんが、子供12人ですよ!日本に貢献しているしすごいことだと思います。

12月7日与謝野晶子

きっかけ:

タブーを打ち破りましょう。

他の作品はあまり興味がないのですが、下記の本は読んでみたいです。

ジェフ・ニコルズ監督の映画作品

1978年12月7日  職業:映画監督・脚本家・映画プロデューサー
出身:アメリカ

代表作:

  • 『MUD -マッド-』
  • 『テイク・シェルター』
  • 『ミッドナイト・スペシャル』
  • 『ラビング 愛という名前のふたり』

12月7日 今日は何の日?365日のきっかけ

クリスマスツリーの日

1886年12月7日に、横浜で外国人船員のためにクリスマスツリーが飾られたことに由来します。

神戸開港記念日

慶応3年12月7日(新暦1868年1月1日)に神戸港が外国船の停泊地として開港したことに由来し、神戸市が制定しました。

国際民間航空デー

1996年の国連総会で宣言された国際デーの1つです。

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、12月7日が誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!

スポンサーリンク