12月10日生まれの有名人と今日は何の日?*365日きっかけ誕生日プレゼント*

12月10日坂本九 誕生日&何の日?

12月10日生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます。

今日はどのように過ごしますか?

お誕生日の方、そうでない方も、ワクワクとした日を過ごしたいですよね?

そんなあなたに小さな小さなきっかけをプレゼントします。

 

絶世の美女でプログラマー エイダ・ラブレス

エイダ・ラブレスはどんな人?

1815年12月10日~1852年11月27日 職業:プログラマー
出身:イギリス

パソコンどころか電気もない時代にプログラマー?何の冗談かと思いますが、エイダ・ラブレスは世界で最初のプログラマーです。

 

父親は詩人、母親は数学者、文系と理系の頭脳をもち、顔は父親に似た類まれな美女だったようです。両親が離婚し、母親に育てられたエイダは、幼少期から科学と数学を学びます。

一説には、エイダは神経質な性格で、ストレスでノイローゼ症状を起こすことから、治療の一環として数学を学ばせたとも言われています。母親と同じく数学者の道に進み、数学の研究にまい進します。

 

17歳になったエイダは解析に興味を持ち、執筆します。これが、世界初のプログラムコードだと言われています。本人が考えたのか?清書したのが、エイダだったのではないか?正確なことは分かりませんが、本人の筆跡であることは間違いないようです。

エイダは子宮癌のため36歳で亡くなっています。

 

1980年、アメリカ国防省は、プログラミング言語の1つをエイダ・ラブレスに因み「エイダ」と命名しています。また、IT業界で働く女性の偉業を称え、2009年には、エイダ・ラブレスデー(何故か?3月24日)が制定されました。

 

きっかけ:

プログラミングに挑戦してみませんか?

参考 プログラミング学習サイトProgate

 

『クマのプーさん』の挿絵 アーネスト・シェパード

アーネスト・シェパードはどんな人?

1879年12月10日〜1976年3月24日 職業:挿絵画家
出身:イギリス

『クマのプーさん』の挿絵を担当したことで知られています。

 

父親は建築家で、若い頃は絵を描いていたことから、息子には画家として身を立てることを期待していたようです。

アーネストの夢は「冒険の出来そうな大人」でした。この意味すごく深いです。「冒険の出来る大人」ではなく「出来そうな」とあえて言うのが絶妙だなと思いました。

そういった憧れは、何故か戦争の方に興味がいき、戦争画ばかり描いていたようです。

 

美術学校に通い、3つの奨学金を受けるほど優秀な学生だったと伝えられています。

王立美術学院で3歳年上の女性、フローレンスと知り合います。フローレンスの祖父は、画家でもあり彫刻家、雑誌「パンチ」の創始者の一人でした。2人は家族ぐるみでお付き合いするうちに交際に発展します。在学中から雑誌「パンチ」の仕事を始め、雑誌表紙の挿絵や風刺漫画を描いていました。

 

しかし、第一世界大戦の際は陸軍に志願し大尉にまで昇進しています。戦後、雑誌「パンチ」の編集に携わりますが、48歳のときに、最愛の妻フローレンスが亡くなると、さらに仕事に没頭し、そんなときにA.A.ミルン作「クマのプーさん」の仕事が舞い込んだようです。

74歳まで会社で働き引退後も沢山の挿絵を手掛けています。96歳で亡くなるまで長年の美術界への貢献により、英国政府より勲章が贈られました。

 

きっかけ:

「冒険が出来そうな大人」はどんな大人?

 

 

映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作 メアリー・ノートン

メアリー・ノートンはどんな人?

1903年12月10日~1992年8月29日 職業:児童文学作家
出身:イギリス

『小人の冒険シリーズ』の作者として知られています。

代表作:

  • 『空とぶベッドと魔法のほうき』
  • 『魔法のベッド』シリーズ
  • 『どっこい巨人は生きていた』

 

メアリーが小説を書き始めたのは、結婚してから家族でアメリカに引っ越し、第二次世界大戦中にニューヨークにある英国売買委員会に務めていたときで、30代後半くらいのときです。

『魔法のベッド』は、ディズニー映画『ベッドかざりとほうき』の原作で、1971年に公開されました。

 

『借りぐらしのアリエッティ』はメアリー・ノートンの『小人の冒険』を原作にした製作されたジブリスタジオのアニメーション映画です、2010年に公開されました。

もともとは、40年前に宮崎駿監督と高畑勲監督によって考えられた企画だったようですが、ディズニーが公開した映画『ベッドかざりとほうき』と時期がかぶったので、やめたのかなというのは想像です。

2008年に再度企画され、米林宏昌監督のもと制作されました。映画に登場する屋敷や庭園は、スタジオジブリの社員旅行で訪問した青森県平川市猿賀石林にある盛美園(せいびえん)がモデルと言われています。農家の資産家が建てた和洋折衷の洋館と日本庭園がマッチして美しい、国指定の名勝となっています。

 

関連 盛美園

 

きっかけ:

あったはずのモノがなくなったときは、こびとのせいにしてみませんか?

 

「明日があるさ」「上を向いて歩こう」坂本九の歌

坂本九さんはどんな人?

1941年12月10日~1985年8月12日 職業:俳優・タレント・歌手・司会者
出身:日本(神奈川)

『明日があるさ』『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』など数多くのヒット曲を出した歌手です。

 

高校生の頃に当時流行っていたロックン・ロールにはまり、エルヴィス・プレスリーに憧れ、バンドを組んで音楽活動していたようです。歌手として歌番組に出演して、新人賞を受賞したことをきっかけに芸能活動をし始めたようです。

 

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
思い出す 春の日 一人ぽっちの夜
上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて
思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜
幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜

 

12月10日坂本九

 

きっかけ:

目線をあげてみませんか?

「上を向いて歩こう」の歌詞のように、目線をあげるだけで肩こりが緩和されたり、下を向いているときよりも高揚します。

 

シェークスピア俳優 ケネス・ブラナー出演 映画作品

1960年12月10日  職業:俳優・映画監督・脚本家・プロデューサー
出身:北アイルランド

代表作:

  • 『オリエント急行殺人事件』
  • 『マリリン 7日間の恋』
  • 『マイティ・ソー』
  • 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

 

12月10日 今日は何の日?365日のきっかけ

世界人権デー

国際デーの一つです。1948年12月10日にパリで行われた第3回国連総会で「世界人権宣言」が採択されたことに由来し、1950年の国連総会で制定されました。日本では、12月4日からの10日の一週間を「人権週間」としています。

 

いかがでしたか?

Wikipedia情報による、12月10日が誕生日である有名人や何かの記念日をヒントにして、きっかけをつくりました。

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見することをセレンディピティ(serendipity)というそうです。サイトをご覧になった方が素敵な偶然に出会えるかは分かりかねますが、行動したら何かが起こるかもしれません。

素敵な一日でありますように!