きっかけ作家って何?morichiはどんな人?

はじめまして。きっかけ作家 morichiです。

普段は経理と事務の仕事をしています。サイトを作ろうと思ったのは、あいている時間を使って、どこからでもアクセスできるネット上に遊びの場を作りたい、それで自分の職業を自分で作れたらいいなと思い、その手掛かりに、初期費用が少ないWebサイトを運営してみようと閃いたのが始まりです。

 

Web上で遊ぶ・活動すると言っても、日常的にWebサイトや動画を見ることもあまりない、SNSが苦手、文章を書くのも得意でもない、絵も描けない、何がしたいのか?は決まっているのに、何をすれば実現できるのか?ぼんやりしたものも見えない、サイト名をつけるのに困って、自分が最も苦手な「絵を描く」が出来ない人で、「絵が描けない人」がこのサイトの当初の名前です。

 

初期の頃は、絵が描けない人が何故、描けないのか?説明してみたり、世の中は便利で役に立つもので溢れているので、全く何の役に立たないものを追求してみようと、自分が撮った画像を適当に選び、文章で説明するというものをやってみたり、自画像をズラーと並べてみたり、色々やってみましたが、今一つピンとくるものは見つかりませんでした。

 

あるきっかけがあって、「365日のきっかけ」を作り、毎日取り組んでみようと決めてから、ほとんどのものは、何かをするきっかけではないか?と考えるようになりました。

テレビや新聞雑誌などの紙媒体、Webサイトなどのメディアや広告は知るため、興味をもつきっかけ、商品やサービスは便利または快適になるきっかけ、パッケージは手に取りたくなるきっかけ…etc

そう考えると、誰かのための知ったり、興味もつきっかけや、気づきのきっかけが世の中に溢れている、なんて優しい世界なんだろうと思いました。(たまに悪用している場合もありますけどね…)

何かを始めるときも、突発的にやろうと思うこともありますが、きっかけがあることがほとんどです。私が「365日のきっかけ」というWebコンテンツを始めたきっかけは、こちらをお読みください。

365日連続して投稿することは出来ませんでしたが、方向性が見えてきて、「絵が描けない人」を卒業し、「きっかけ作家」として活動することにしました。

 

これまでに制作したもの・活動記録

  • 2016年 かぞえかた手拭い ロフト(渋谷・有楽町・福岡天神)にて販売
  • 2016年9月 AR本の旅  第一弾「旅するマッチ箱日記」in 山形
  • 2017年5月~2018年4月 Webコンテンツ~365日のきっかけ~

 

創作する際の癖やコンセプト

考えるときの癖みたいなものですが、創作する際に根底となっているものです。

遊びの追及

幼少の頃から一人遊びが大好きでした。一人遊びの代名詞でもあるテレビゲームをすれば、動くのは体で、手が動かず、マリオがすぐに穴に落ちて「ププププ♪↓」1面もクリアできない、ゲームは向いていないと諦め、何かを作ったり、人がいないときにこっそり兄が持っていた玩具を分解していじり壊して叱られるような子どもでした。

このWebサイトも一人遊びの延長線にあり、やろうとしていることは誰かのためのきっかけを作る遊びであったり、従来の伝え方とは異なる方法で伝えることであったり、実験WebコンテンツまたはWebコンテンツアートという個人的な試みです。

 

見えない繋がりや入れ子を想像する

幼少の頃からマトリョーシカが大好きです。ロシアのお土産の定番で、上半身と下半身を両手で引っ張ると、お腹で二分割され、なかから一回り小さな人形がでてくる、繰り返すと、どんどん小さくなっていく入れ子の人形です。考えてみると、お腹がぱかっと真っ二つ、シュールな遊びですよね…?

大きさ順に一列に並べて眺め、満足したらしまう、それを何度も繰り返しているうちに、「マトリョーシカのなかに違うものが入っていたら、面白いのに…」となかに入りそうなものをこっそり入れて、家族に「はい。開けてみて?」とお願いをする、大抵、やろうとすることはばれていて、「何を入れたの?」と聞き返されるのですが、こりずにやるわけです。いれるものと言ったら、消しゴムとか、何かの部品とか、そんなものですが、想像しているものと違うものが入っている、それを考えることが楽しかったです。

そういう遊びを今はしませんが、見た目はマトリョーシカには見えないのに、世界のほとんどのものは見えないつながり(連続性)や、入れ子でつながっており、想像するとワクワクします。

 

少しずついろいろな種類のものを食べたい

丼ぶりものをガッツリ食べる、お気に入りのアイスのフレーバーをシングルカップで食べる、そういう食べ方も嫌いではないけれど、小鉢に少量が盛り付けられている、ワンプレートのなかにちょっとずつ沢山の種類のお惣菜が入っている、いろいろな種類のものを少しずつ食べるのが好きです。

食べ方の好みですが、組わせて食べると味が変わって異なる美味しさがあります。これも創作する際の癖の一つでもあります。

 

動作を疑い、違う動作に置き換える

私は生まれたときから、身内に筋ジストロフィーという難病患者が複数人おり、自分が成長して色々なことが出来るようになっていくのとは反対に、徐々に動けなくなり、今まで出来ていたことが出来なくなっていくという過程を見てきました。

普段の生活で、特に意識はしていないけれど、手や足、身体を使って何かをしています。病気で体を動かすことが出来ないだけでなく、誰もが美味しいご飯を絶対に作れることが当たり前でないように、〇〇をするは誰かにとっては当たり前でなかったりします。

お気に入りの散歩コースを歩く、走る、日記を書く、絵を描く、本を読む、会社で働く、休みに旅行に行く、当たり前に使われている動作以外にできる動作はないのかを疑い、違う動作に置き換えることで、いつ?どこで?誰が?という時間や場所や人が変わります。楽しみ方が変われば伝え方も変わる、媒体も変わる、何かをするための方法は沢山あっていい、そんなふうに考えています。

 

言葉から出来ている

動作を表す動詞、場所を指す名詞もそうですが、基本的に本などの紙媒体が着想になっていることが多いので、誰かの言葉、名言、問い、(日本語・英語などの)語源、起源、成り立ちなどがよく登場します。